時代を超えて愛され続ける理由。『マリメッコ・スピリット』@ギンザ・グラフィック・ギャラリー(2017.11.15-2018.1.13)

 

女子ウケの良いマリメッコ。

アラフォー男の私・ホラノコウスケ(@kosuke_art)はグッズは持っていません。
しかし以前フィンランド・デザイン展を見たことで、その歴史や柄にはとても興味をもっています。

先日ギンザ・グラフィック・ギャラリーにて、『marimekko SPIRIT』(2017.11.15-2018.1.13)を鑑賞。
そこには、マリメッコが時代を超えて愛され続ける理由がありました。

marimekkoの歴史、そして現在を支えるデザイナーとは

オリジナリティ溢れるデザインと色彩センスにより、日本をはじめ世界各国にファンを持つマリメッコ。(中略)
1951年の立ち上げ当初からデザイナーが自由に創作意欲を発揮できる環境を整え、時代を超えて愛され続けることとなる代表的なデザインパターンを次々と生みだしていきました。制作されたパターンひとつひとつに名前をつけ、デザイナー名と制作年をテキスタイルに明記する革新的な伝統は、作家の創造性を大切にする理念とともに、今日まで受け継がれています。
本展では、そんなマリメッコの現在を支えるデザイナーの中から3名-パーヴォ・ハロネン、マイヤ・ロウエカリ、アイノ=マイヤ・メッツォラ-に焦点をあて、その創作活動に迫ります。

マリメッコ・スピリッツ 

また今回ユニークなのは、フィンランド生まれフィンランド育ちの彼らがあえて“JAPAN”をテーマに新作パターンに挑戦していること。

自然をモチーフにした、シンプルで美しいデザイン


マリメッコのデザインが歴史を超えて愛され続ける理由。
また日本人に好かれる理由は、こうした自然をモチーフにしたデザインが多いからではないでしょうか。


多くのデザインが展示されており、写真撮影OKです。


私はよりシンプルな、こういうデザイン大好きです。


こういったインパクトある柄、インパクトある色使いもマリメッコらしいですね。


デザイン案と、それが実際のデザインでどうなったかを比較して見られるのも貴重な機会です。

まとめ

やはり女性が多くいましたが、男性でも「デザイン」「北欧」「フィンランド」あたりに興味があれば楽しめる展示です。

展示名:マリメッコ・スピリッツ
場所:ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
住所:東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F(銀座駅から 徒歩5分)
会期:2017年11月15日(水)~01月13日(土)
開演時間:11:00 a.m.-7:00 p.m.
休館日:日曜・祝日・12月28日(木)~1月4日(木)
入場料:無料

関連記事

代官山に、瀬戸内海・栗島の廃校の記憶。ムニール・ファトゥミ「ペリフェラル・ヴィジョン」(2017.11.16-12.24)【無料】

2017.12.21

東京・銀座のビル地下に美しい廃墟「1/2 Century later.」@資生堂ギャラリー(2017/12/24まで)

2017.12.18

六本木で現代の野生を探す。『野生展:飼いならされない感覚と思考』@21_21 DESIGN SIGHT(〜2018.2.4)

2017.11.08

今日のひとこと

ホラノコウスケ
今日は豪華ランチ。楽しみ。
コウスケ(@kosstyle)でした。

頭の使い方を身につけ、人生の幅を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら