【レポ】レアンドロ・エルリッヒ展「見ることのリアル」@森美術館(2017.11.18~ 2018.4.1)





あなたがいま目にしているもの。
思った通りではないかもしれませんよ?

アート大好き、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

森美術館にて、レアンドロ・エルリッヒ展「見ることのリアル」が開催されています(2017.11.18~ 2018.4.1)。

「ん!?」
「どうなってるの!?」
「なにこれ???」

と自分の見ているものを疑いたくなるインスタレーションの数々は、好奇心をかきたてられる、とても楽しい内容。
実際に行ってみた様子を紹介します。

レアンドロ・エルリッヒとは

レアンドロ・エルリッヒは、アルゼンチン出身の現代アーティスト。
日本では、金沢21世紀美術館に恒久設置された《スイミング・プール》の作家としても知られています。

彼の作品の特徴として、錯覚の効果を用いる点が挙げられます。
その異様な光景に、あなたも驚きと違和感を覚えるでしょう。

本展は、世界でも過去最大規模の個展。
新作を含む44点の作品のうち8割が日本初公開となります。

お子さんから大人まで単に楽しめるだけでなく、作品を通していつもと違った「物の見方」ができ、「見る」ことについて考えさせられる内容です。

驚きの連続!レアンドロ・エルリッヒ展@森美術館

中へ入るとそこは、フォトジェニックな空間ばかり。


真っ暗な中にゆれる水面。
そこに映る船を見てみると…実は!
現地で確認してください。

 


こちらはヘアサロンのような空間。
しかし鏡に自分が映りません。

おかしいな?と思ったら…。


なんと鏡がありません。
鏡と思っていたフレームの向こう側に、同じ景色が再現されているんです。
ビックリ!

 


一方、ここは試着室。
…のように見えますが、鏡の向こうへどんどん入っていくことができます!
まるで迷路のように!

 

 


窓の向こうに、マンション?
他人の私生活を覗き見する、不思議な感覚…。

 


そして、これ!
ベランダにぶらさがっている私、けっこう余裕です(笑)。

…というのも、


鏡を使ったトリックアートなんです。
写真手前が、ベランダのように見える床。
みんな寝転がって、思い思いに鏡に映る自分を撮っていますね。

 

まとめ

大人も子供も楽しめる、不思議空間の数々。
現実世界に戻っても、「私が今見ているものって…」と考えてしまうような、そんな展示でした。

展示名:レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル
場所:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
住所:東京都港区六本木6-10-1
会期:2017.11.18(土)~ 2018.4.1(日)
開演時間:10:00~22:00(最終入館 21:30)※火曜日のみ17:00まで(最終入館16:30)
休館日:会期中無休
入場料:一般 1,800円、高校・大学生1,200円、4歳~中学生600円、65歳以上1,500円

同じ六本木ヒルズで1/31(水)まで、『PLAY!スペースインベーダー展』もやっていますよ。

『PLAY!スペースインベーダー展』本物の星空であのゲームを!六本木ヒルズ52階(2018.1.12金~1.31水)

2018.01.25

関連記事

「装飾は流転する - 『今』と向きあう7つの方法 - 」@東京都庭園美術館(2017.11.18~2018.2.25)

2018.01.23

「思いつく」を考える展が面白い!あなたも知るアレは、どうやって生み出された?(2017.12.1〜2018.2.24)

2018.01.13

中国×最先端×アート=?『中國最先端』@DIESEL ART GALLERY(2017.11.17-2018.2.14)

2018.01.11

今日のひとこと

ホラノコウスケ
パイを奪い合うか、パイを増やすか。私は後者のほうがワクワクします。
コウスケ(@kosstyle)でした。

頭の使い方を身につけ、人生の幅を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら