【レポ】衝撃!『マーク・マンダースの不在』東京都現代美術館 (〜2021/6/20)





圧倒的な、違和感。

1年で536展のアートを巡ったライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

東京都現代美術館にて、『マーク・マンダースの不在』展が開催されています(〜2021/6/20)。

アトリエに忍び込んだような興奮。
事件現場に迷い込んだような不穏さ。
廃墟のように朽ちていきそうな脆さ。
日常に時折訪れる自分の危うさ。

複数の物語が混在するように、思考・感情が入り乱れる。
こんな内容でした。

『マーク・マンダースの不在』東京都現代美術館 (〜2021/6/20)

触れると崩れそうな彫像、いつどこで作られたのか判然としないオブジェ、
人の立ち去った気配が残るスタジオ、暗く長い廊下、…
静謐と不穏が混交する、マーク・マンダースの世界へようこそ

(中略)1986年、18歳のときに、自伝的な要素を含む小説執筆の試みを契機に得たと言う「建物としての自画像」という構想に沿って、以降30年以上にわたって一貫した制作を続けています。その構想とは、自身が架空の芸術家として名付けた、「マーク・マンダース」という人物の自画像を「建物」の枠組みを用いて構築するというもの。その建物の部屋に置くための彫刻やオブジェを次々と生み出しインスタレーションとして展開することで、作品の配置全体によって人の像を構築するという、きわめて大きな、そしてユニークな枠組みをもつ世界を展開しています。

マーク・マンダース —マーク・マンダースの不在 | 東京都現代美術館

実際の内容

圧倒される。その存在に、その空間に。

これの前にある、入口を入ってすぐあたりの作品もいきなり衝撃的、インパクトある作品です。
ぜひ実際に美術館へ足を運び、体験してください。

なんだよこれ。もう。

シビレるなぁ。なにこれ。こんなの見たことある?
何というバランス。これ実は、机も…(現地で見てください)。

もう、ぼーっと見てしまう。

ドキッとしない?

まとめ

見たことのない世界を見せてくれるのが、現代アートの魅力。
ここは「美術館」ではなく、「マーク・マンダースの不在」という世界にどんどん引き込まれます。

あいちトリエンナーレ2016でのあの衝撃を思い出した、ホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

展覧会の詳細

展示名:マーク・マンダース —マーク・マンダースの不在
場所:東京都現代美術館
アクセス:東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」B2番出口より徒歩9分
会期:2021年3月20日(土・祝)- 6月20日(日)
開演時間:10:00-18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(5月3日は開館)、5月6日
入場料:一般1,500円 / 大学生・専門学校生・65歳以上1,000円 / 中高生600円 / 小学生以下無料

自由に生きるヒント

コウスケ
最近あなたが持っている「違和感」は何?

その他、おすすめアート情報

【レポ】『Curators in Panic 〜横尾忠則展 学芸員危機一髪』横尾忠則現代美術館(神戸)

2021.04.01

【レポ】『ショック・オブ・ダリ ― サルバドール・ダリと日本の前衛』(三重県立美術館)

2021.03.09

【レポ】『佐藤可士和展』 (国立新美術館):知ってた?あれもこれも、彼のデザインです

2021.03.06

コウスケの日常

コウスケ
服ほしい病?
今日はTシャツが届きました。

頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら