【感想】瀬戸現代美術展2019(〜10/14):愛知県瀬戸市でこんなにアートを見られるとは!

瀬戸現代美術展




あいちトリエンナーレだけじゃない!

1年で326展のアートを巡ったライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

愛知県瀬戸市にて、瀬戸現代美術展2019が開催されています(〜10/14)。
愛知といえば現在、あいちトリエンナーレ2019が話題。
しかしこの瀬戸現代美術展2019も想像以上に良かったので、紹介します!

瀬戸現代美術展2019

瀬戸というと「せともの」で知られるように陶芸の街。
最近では陶芸家に限らず多くのアーティストが移り住んできているのだとか。
窯業関連の工房や倉庫をアトリエとして転用できたことが背景です。
本展では、ものづくりの「変化と持続」を探っています。

会場は、旧産業技術総合研究所中部センター瀬戸サイト。
車でいくのが良いでしょう。

特にオススメの作品5選

その他のユニークなアートたち

なんだこりゃ

そう思ったあなた。
ぜひ会場へ足を運んでみてください。

この作品や、

この作品も、

あなたの心に、記憶に、何かを生み出すでしょう。

写真で見るのでは得られない、何かを。

動画作品もありますよ。

まとめ

ここで紹介した以外にも様々な作品があり、とても満足できる内容でした。

このような会場の展示では、単に作品を展示するのではなく、その場所を活かした表現がされていると心惹かれます。
全国の芸術祭をあちこちめぐる中でそう感じるようになった、ホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

展示名:瀬戸現代美術展2019
場所:旧産業技術総合研究所中部センター瀬戸サイト
アクセス:車で行くのがオススメ(駐車場あり)
住所:愛知県瀬戸市西茨町110
会期:2019年9月7日(土)~10月14日(月祝)
開演時間:11:00~17:00
休館日:火曜・水曜
入場料:無料
参加作家:安藤正子/阿野太一/磯部由香子/井出創太郎/植松ゆりか/城戸保/小杉滋樹 /後藤あこ /近藤佳那子 /栗木義夫 /栗木清美 /栗本百合子 /瀬川麻衣子 /設楽知昭 /設楽陸 /鈴木一太郎 /鈴木優作 /鷹野健 /塚本南波 /永田圭/ニュースペーパーズ/箱山朋実 /葉栗里 /文谷有佳里 /花木彰太 /古畑大気/真塩かおり/横野明日香

ここから学べる発想のヒント

ホラノコウスケ
その土地、その場所を活かした「なにか」をあなたが生み出すとしたら?

その他、愛知のおすすめアート情報

あれ?ドラえもん、スタバじゃない!?『岡本光博展/トラロープ』(名古屋、〜9/29)

2019.09.26

インスタ映えで大人気の「塩田千春展」が名古屋でも!(ケンジタキギャラリー)

2019.09.24

【感想】木梨憲武展「Timing ー 瞬間の光り ー」のオススメ作品、口コミ・評判、混雑状況は?名古屋、東京、長野、福岡、長崎、大阪も!

2018.08.02

コウスケの日常

ホラノコウスケ
夜ふかししちゃう。ついつい。

瀬戸現代美術展

頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら