こいのぼりなう!@国立新美術館(六本木、〜2018/5/28):豪華コラボによる迫力と癒やしの両立

こいのぼりなう




これはビックリ!

アート大好きライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

5月といえば、こどもの日。
こいのぼりを飾ったり、見たりした方も多いでしょう。

東京・六本木の国立新美術館では「こいのぼりなう!」というインスタレーションを開催中(〜2018/5/28)。
これが、子供も大人も楽しめる、迫力がありつつも癒やされる、ユニークな展示なんです。

「こいのぼりなう!」豪華なコラボにより実現したインスタレーション

こいのぼりなう
2018/4/11から始まった、この展示。

日本を代表するテキスタイルデザイナー須藤玲子による、様々な色・生地のこいのぼりが、国立新美術館の展示室を泳ぎ回ります。
今回はフランスの展示デザイナーのアドリアン・ガルデール、そしてPerfumeの映像や2020年東京オリンピック招致のプレゼン映像などを担当したライゾマティクスの齋藤精一も加わる豪華コラボ。

さて、中はどうなっているのでしょう?

空を優雅に泳ぐ、こいのぼりの数はなんと約300匹!

こいのぼりなう
見てください!
約300匹のこいのぼりがド派手に泳ぎまわる姿は圧巻!


よく見ると、色だけでなく、様々な生地が使われています。

こいのぼりなう
その迫力にただ立ち尽くす人、歩いてこいのぼりを眺める人、「すごいねぇ」と会話を交わす人。
そして…、

こいのぼりなう
床に並べられた「人をダメにするソファ」には、口を開けて本気で眠る人多数。

こいのぼりの間を歩く様子を動画撮影しました

この迫力、伝わりますか?
たま〜に、会場に流れるライゾマティクスの齋藤精一氏による音楽が聞こえています。

撮影は超お気に入りの360度カメラ、insta360oneにて。

まとめ

とてもユニークな展示ですね。
子供の頃、両親がこいのぼりなど用意してくれたことを懐かしく思い出した、ホラノコウスケ(@kosstyle)でした。

展示名:こいのぼりなう! 須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション
場所:国立新美術館 企画展示室2E
住所:東京都港区六本木7-22-2
会期:2018年4月11日(水)~5月28日(月)
開演時間:10:00-18:00
休館日:毎週火曜日休館
入場料:無料

今回の気づき

ホラノコウスケ
伝統あるものを、自分の得意と掛け合わせる。

オススメのアート関連記事

DIESEL ART GALLERY(渋谷)でWill Sweeney「Vorpal Sword」開催中(〜2018/5/24):創造的エネルギーを感じる作品の数々

2018.05.22

髙畠依子「泉」@ShugoArts(六本木、〜2018/5/19):繊細なエレガントさと大胆さ、新たな表現の模索

2018.05.16

向山喜章 「Maruyulate / Marugalate」@YKG(六本木、〜2018/5/19):意外な素材の作品に、心を感じる

2018.05.11

今日のひとこと

ホラノコウスケ
何度もやることは自動化し、また逆に自動化していることは近々見直そう。
こいのぼりなう

頭の使い方を身につけ、人生の幅を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら