髙畠依子「泉」@ShugoArts(六本木、〜2018/5/19):繊細なエレガントさと大胆さ、新たな表現の模索

 

アート大好きライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

六本木のShugoArtsにて、髙畠依子「泉」が開催されています(〜2018/5/19)。
絵画って、「描く」だけじゃないんです。

髙畠依子「泉」

泉 何気ない⽇常の⾵景のなかで、とりとめのない表情を⾒せてくれる⽔。 ゆらゆらと揺れ、ぽたぽたと落ち、ぶくぶくと湧きあがる。 躍動する⼒強さに魅せられ、⽔と戯れた。 ⽔⾯をキャンバスに、泡をつくり、⾊を重ね、空気を送る。⽔を使って⽔⽟模様を描く。 地球の重⼒や⽉の引⼒といった⽬には⾒えない⼒とともにかたちをつくる。 ⼤⾃然の中から湧き出した透明で清らかな⽔は、時の中を循環しながらこの世界の隅々まで沁み渡る。

2018 年 2 ⽉ 髙畠依⼦

絵の具を⽷のように垂らして重ね、ときにはそれを⽣乾きのうちに吹き⾶ばす、ユニークな表現。
まるで絵画が織物であるかのようで、不思議と、エレガントさも感じられます。


無数のアーティストが散々新たな表現にチャレンジしてきたのに、まだ新たな表現方法があるとは。
今回はさらに製作に水や重力という「偶然性」を積極的に取り入れているのだとか。

この手のアートで偶然性というとまずポロックのアクション・ペインティングを思い出します。

4887832958B0031JCJEM

しかし髙畠依子さんの作品からはもっともっと、繊細さを感じます。


ピンクだとインパクトがありますね。
繊細さと大胆さが共存している点がユニーク。

「工夫」と「新しさ」に惹かれる、ホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

展示名:髙畠依子「泉」
場所:ShugoArts
住所:東京都港区六本⽊6丁⽬5番24号 complex665 2F
会期:2018年4⽉14⽇(⼟) – 5⽉19⽇(⼟)
開演時間:⽕〜⼟曜 午前 11 時 – 午後 7 時
休館日:⽇⽉祝
入場料:無料

世界からの問い

ホラノコウスケ
自分の仕事において、新たな表現方法は?

オススメのアート関連記事

向山喜章 「Maruyulate / Marugalate」@YKG(六本木、〜2018/5/19):意外な素材の作品に、心を感じる

2018.05.11

ミリアム・カーン 「photographs」(六本木、〜2018/5/12):社会問題に向き合う油絵と、新作写真と

2018.05.10

KAWS展@ペロタン東京(〜2018.5.12):あの大人気アーティストの展示が無料

2018.05.09

今日のひとこと

ホラノコウスケ
人に迷惑をかけない人間になりたいけど、どこまでいっても迷惑をかけている。
では自分に迷惑?をかける人に対して、自分は寛容でいるだろうか?

頭の使い方を身につけ、人生の幅を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら