ミリアム・カーン 「photographs」(六本木、〜2018/5/12):社会問題に向き合う油絵と、新作写真と





アート大好きライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

六本木のワコウ・ワークス・オブ・アートにて、ミリアム・カーン 「photographs」(〜2018.5.12)を開催中。

ミリアム・カーン 「photographs」

ミリアム・カーンは1949年スイス生まれ。油彩を中心に制作し、ユダヤ系のルーツというアイデンティティ、戦争や核問題など具体的な社会問題に向き合うテーマ性の強い作品を、抽象的な輪郭と独特の色づかいで描き出している。(中略)

本展では、カーンが撮る写真の魅力に着目する。自作のドローイングを野外で撮影した作品や、アトリエを構えるスイス・ブレガリアの自然をとらえた作品、さらに80年代のアナログ写真を用いた作品や、デジタル写真32点組の最新作など、多数の写真作品を展示。それらの作品には動植物、風景、建築といった、カーンが長年描き続けたモチーフが登場し、絵画作品にも通じる被写体への眼差しが垣間見える。

ミリアム・カーンが最新作を発表。写真作品を通して新たな魅力を紹介する|美術手帖


中へ入ると、写真の数々が見られます。


それでもやはり私は、彼女の絵に心惹かれました。


大胆で、繊細。
しかしそこに私が感じるのは、カラフルで大きな、正と負のエネルギーのぶつかり合い。

描いているときのミリアム・カーン氏は、何を考えていたのだろう?

展示名:ミリアム・カーン 「photographs」
場所:WAKO WORKS OF ART
住所:東京都港区六本木6-6-9ピラミデビル3F
会期:2018年3月10日 – 5月12日
開演時間:11:00-19:00
休館日:日・月・祝日
入場料:無料

今回の「アハ」

ホラノコウスケ
自分のメイン活動・得意分野「以外」にスポットライトを当てるとしたら…?

オススメのアート関連記事

KAWS展@ペロタン東京(〜2018.5.12):あの大人気アーティストの展示が無料

2018.05.09

今日のひとこと

ホラノコウスケ
読みたい本が30冊くらいある。
コウスケ(@kosstyle)でした。

頭の使い方を身につけ、人生の幅を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら