マムアンちゃんの言葉が胸にしみる、ウィスット・ポンニミット「Smile」展(六本木、〜2018/11/18)

ウィスット・ポンニミット「Smile」




タイ料理、好き?

アート大好きライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

六本木ヒルズ3階のA/Dギャラリーにてウィスット・ポンニミット「Smile」を開催中(〜2018/11/18)。
タイ出身のウィスット・ポンニミット(タムくん )が描く「マムアンちゃん」が、何気ない日々の大切さを教えてくれます。

ウィスット・ポンニミット「Smile」

ウィスット・ポンニミット「Smile」

スマイル 作れない
スマイル 自然と出てくる
スマイル 勝手に消えていく
いいさ 太陽みたいに、必ず戻ってく

タイ出身のアーティスト、ウィスット・ポンニミットによって描かれる、タイ語でマンゴーを意味する愛らしい「マムアンちゃん」が、何気ない日々の大切さを教えてくれる作品が人気。今回のテーマは「Smile」。ペインティング、ドローイングのほか版画作品も展示。多数のグッズも販売いたします。

ウィスット・ポンニミット「Smile」

六本木ヒルズの森美術館へ上がる途中、チケット売り場のある3階横に、ミュージアムショップがあります。
その横にあるのが、A/Dギャラリー。

そこにはマムアンちゃんの可愛くも深い世界が広がっています。

シンプルで心にしみる、イラストと言葉

ウィスット・ポンニミット「Smile」

そうだよね〜。
沈んだままの太陽はない。

 

ウィスット・ポンニミット「Smile」

私のモットーは「すべてを楽しむ」。
気持ちを楽しむのも大切ですね。

 

ウィスット・ポンニミット「Smile」

嫌な記憶は、捨てちゃえ。
過去の栄光も、捨てちゃえ。

 

ウィスット・ポンニミット「Smile」

人は生まれ変わることができる。本人がその気なら。
そう思います。

 

ウィスット・ポンニミット「Smile」

自分の顔をじっくり見ていると、分かることがあるんです。

 

ウィスット・ポンニミット「Smile」

他にも様々な作品があります。

ウィスット・ポンニミット「Smile」

原画もたくさん展示・販売されています。

くるり「琥珀色の街、上海蟹の朝」のアニメもタムくん

タムくんがアニメを手がけた、くるりの「琥珀色の街、上海蟹の朝」をYouTubeで見てから鑑賞するのもオススメです。

アニメと曲のリンクしている感じ、そして歌詞のチープなようで深い、でもやっぱりそうでもなさそうなところも良いですね。

【まとめ】場所、時間、会期など

ウィスット・ポンニミット「Smile」

笑顔になるのではなく、笑顔にするのって大切ですね。

深いこと・シリアスなことも、可愛くシンプルに表現しているのがいい。 すごく好きになりました。
タムくんに似顔絵描いてほしい(笑)、ホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

グッズもたくさん売ってましたよ。

展示名:ウィスット・ポンニミット「Smile」
場所:六本木ヒルズA/Dギャラリー(六本木ヒルズ ウェストウォーク3階)
会期:2018.10.26(金)~ 11.18(日)
開演時間:12:00~20:00
休館日:なし
入場料:無料

ここから学べる発想のヒント

ホラノコウスケ
自分の人生で得た教訓を、シンプルな言葉で表すとしたら?

その他、六本木付近のおすすめアート

作品と言葉の組み合わせがユニークすぎる:リチャード・タトル「8, or Hachi」展(六本木、〜2018/11/17)

2018.11.13

思わず見とれる空間の変容。石田尚志「絵と窓の間」展@タカ・イシイギャラリー東京(六本木、〜2018/11/17)

2018.11.13

名和晃平「Biomatrix」展(上野・日暮里、〜2018/12/8):元銭湯にある異様な水泡とは…?

2018.11.08

コウスケの日常

ホラノコウスケ
手でおさえずに咳やくしゃみをする人が近くにいると、イラッとしてしまう。
ウィスット・ポンニミット「Smile」

頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら