思わず見とれる空間の変容。石田尚志「絵と窓の間」展@タカ・イシイギャラリー東京(六本木、〜2018/11/17)

石田尚志「絵と窓の間」




あなたの部屋は、どうなっていますか?
そして、窓は?

アート大好きライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

タカ・イシイギャラリー東京にて石田尚志「絵と窓の間」を開催中(〜2018/11/17)。
「わぁ」と思わず声を出したくなるインスタレーションです。

石田尚志「絵と窓の間」

石田尚志「絵と窓の間」

ドローイング・アニメーションの手法で、空間の質を変容させるインスタレーションを制作する画家/映像作家、石田尚志の個展です。本展は新作。

こんなアニメーションが壁に広がっているんです。

 

View this post on Instagram

 

ホラノコウスケ@ライター・講師さん(@kosuke_art)がシェアした投稿

あなたはこれを見て、何を感じますか?

光が、闇が、生きてるかのよう。
そして私の中の光も、闇も、生きている。

そんなことを感じた、ホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

【まとめ】時間、場所、休館日など

展示名:石田尚志 「絵と窓の間」
場所:タカ・イシイギャラリー
住所:東京都港区六本木6-5-24 3F
会期:2018年10月20日(土) – 11月17日(土)
開演時間:11:00 – 19:00
休館日:日・月・祝祭日
入場料:無料

ここから学べる発想のヒント

ホラノコウスケ
重ね続けることで、あなたが見せたいものは?

その他、東京のおすすめアート情報

名和晃平「Biomatrix」展(上野・日暮里、〜2018/12/8):元銭湯にある異様な水泡とは…?

2018.11.08

「ムンク展―共鳴する魂の叫び」(上野):叫びの秘密、見どころ、空いてる時間・混雑状況は?

2018.11.06

梅沢和木 + TAKU OBATA 「超えてゆく風景」展@ワタリウム美術館(外苑前、〜2018/12/2)

2018.10.08

コウスケの日常

ホラノコウスケ
たくさんのクリエイティビティに触れると、創作意欲が湧いてくるなぁ。
けどそれを形にするには、その時間をとらなきゃいけない。

石田尚志「絵と窓の間」

頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら