「ムンク展―共鳴する魂の叫び」(上野):叫びの秘密、見どころ、空いてる時間・混雑状況は?

ムンク展




苦しいとき、モヤモヤするとき、ありますか?

アート大好きライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

上野の東京都美術館にて「ムンク展―共鳴する魂の叫び」を開催中(〜2019/1/20)。
ムンクも苦しんでいるときがありました。
そんな中で生まれた作品の数々、あなたも見て、感じてみませんか?

ムンクは自画像を多く描いていた

ムンク展

ムンクは、自分の写真を見ながら自画像を描きました。
これには2つの意味がありそうです。

  • 戦略的な自己演出
  • 自己を捉える手段

前者「戦略的な自己演出」は、現在の我々が「盛った」写真をSNSにアップしたりするのに似ているかもしれません。

そして後者「自己を捉える手段」は、ムンクが自分を冷静に見つめる手段として、自撮りしたり、自画像を描くことをしていたということです。

これ、現代の我々にもすごく重要ではないでしょうか。
つまり「俺いま調子どう?」と、自分自身について考える時間を持つということ。
ムンクの作品の中には《風邪の後の自画像》なんてのもあるくらいです。

忙しい日々。
あなたは流されて生きていませんか?

私は、こんな方法で日々を振り返っています。

誰でもできる!POINTS OF YOUパンクタムのカードで日々セルフコーチングする方法

2018.06.14

《叫び》の3つの秘密

《叫び》ムンク展

ムンクといえば《叫び》。
ムンク作品をこれしか知らない方も多いほど超有名ですが、以下について知らない方も多いのでは?

1) 叫んでない

真ん中にいる人は、叫んでいません。
叫びが聞こえてくるのが嫌で、耳をふさいでいるのです。

太陽が沈み始め、空が血のように赤く染まると、自然をつんざく終わりのない叫びを感じて不安に身を震わせ、耳をふさいだ。
そんな様子なのです。

2) 何枚もある

実は《叫び》は、油絵バージョン、クレヨンバージョンなど複数あるんです。
さらにリトグラフ版(版画)もあり、それは何枚も流通しています。

3) 似た構図の作品がある

《絶望》ムンク展

《絶望》

ほら。《叫び》にそっくりな作品ですね。
《絶望》という作品です。

《叫び》と同じオスロ・エーケベルグの丘を舞台に描かれていますが、実は《叫び》より16年も前に描かれているんです。

このように、ムンクは同じモチーフを何度も描いていたことが本展では他でもよく分かります。

ムンク展の関連展示も充実

本展が開催されている東京都美術館LB階には4つ?のスクリーンに動くムンク絵画が映し出されています。
映像作家TAKCOMのディレクションによるもの。

まるでムンク自身が絵画の中を漂うかのよう。
ムンク作品に息が吹き込まれた様子を、あなたも見てみませんか?

また一方、池袋パルコ本館7階では、ニュウ・ムンク展が開催されています(2018/11/2〜11/18)。
ムンクの世界観に共鳴した現代クリエイター22名による、音、映像、イラストの展覧会です。

ニュウ・ムンク展(池袋パルコ、〜2018/11/18):本家ムンク展に負けない、ムンク作品のユニークな解釈の数々

2018.11.16

混雑状況を知る方法

平日のランチ時間を狙っていってみたのですが、そこそこ混んでいました。
チケットは事前に購入してから行くことをオススメします。

混雑状況は、公式ツイッターで確認することができます。

あるいは、みんなのツイッターのつぶやきをチェックするのも手ですよ。

あなたも《叫び》を描いてみる?

ムンク展

実は、サイトであなたも《叫び》を描くことができます。
さらにそれをサイトに投稿・美術館のスクリーンに投稿もできるんですよ。

【まとめ】会期、時間、休館日など

ムンクの作品から、ムンクの精神世界を見た、ホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

展示名:ムンク展ー共鳴する魂の叫び
場所:東京都美術館
住所:東京都台東区上野公園8-36
会期:2018年10月27日(土)~2019年1月20日(日)
開演時間:9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)。金曜日、11/1、3は9:30~20:00
休館日:月曜日、12/25(火)、1/1(火)、15(火) ※ただし11/26(月)、12/10(月)、24(月)、1/14(月)は開室
入場料:一般1,600円/大学生・専門学校生1,300円/高校生800円/65歳以上1,000円

ここから学べる発想のヒント

ホラノコウスケ
毎日、あるいは週一など、自分を見つめ直す習慣をつけるとしたら、何をする?

その他、東京のおすすめアート情報

【無料】HAMADARAKA「EDENDORDORADO ー楽園の物音ー」展@DIESEL ART GALLERY(渋谷、〜2018/11/15)

2018.10.11

梅沢和木 + TAKU OBATA 「超えてゆく風景」展@ワタリウム美術館(外苑前、〜2018/12/2)

2018.10.08

光をどう表現する?ジャッキー・サコッチオ「堪えがたいほどの光」展@THE CLUB(銀座、〜2018/11/10)

2018.10.05

コウスケの日常

ホラノコウスケ
久々にポップスを聴きまくった。
冨田ラボ「ShipBuilding」最高です。

ムンク展

頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら