違和感が愛おしい。クレア・ロハス+バリー・マッギー展「Big Sky little moon」@ワタリウム美術館

クレア・ロハス+バリー・マッギー展「Big Sky little moon」

東京・渋谷で、違和感のリズム。

アート大好き、ホラノコウスケ(@kosstyle)が、ワタリウム美術館へやってきました。

グラフィティのパイオニア的存在のバリー・マッギーと、パートナーでもあるクレア・ロハスのコラボレーション「Big Sky little moon」が開催中(〜2017/10/15)。
特徴的な人の顔の絵と、抽象的な模様の組み合わせの違和感が、ユニークなリズムを生み出しています。

つなげかたと、違和感と、リズムと

外観はこんな雰囲気。
中が見えるし、怖くない怖くない。
クレア・ロハス+バリー・マッギー展「Big Sky little moon」

入り口を入ると左にドーン!とパネル。ここでチケットを購入します。
2〜4階と、地下にも少し作品あり。
ロッカーもあるので、手ぶらで鑑賞しましょう。
クレア・ロハス+バリー・マッギー展「Big Sky little moon」

壁に直接描かれたグラフィティと、パネルなどが同時に並ぶ空間。
組み合わせと、つなげかたが、なんともユニークです。
クレア・ロハス+バリー・マッギー展「Big Sky little moon」

幾何学模様の飾られたオシャレな空間…のところどころに、違和感のある顔。クレア・ロハス+バリー・マッギー展「Big Sky little moon」

やっぱり、目が合う。
クレア・ロハス+バリー・マッギー展「Big Sky little moon」

生活の延長にあるアートに我々は気づいているのか

こんな絵が描かれていなくても、我々の生活の延長にいつもアートがあるはず。
クレア・ロハス+バリー・マッギー展「Big Sky little moon」

笑顔の人がいないのは、なぜなのか。
瓶は固いけれど、割れてしまう。
柔らかいほうが、壊れずに済むのは、人も同じですね。
クレア・ロハス+バリー・マッギー展「Big Sky little moon」

まとめ

1階と地下のショップも、様々なグッズが売られていてとても面白いです。

地下なのに2階にいるかのように感じられるカフェもオススメです。

CAFE ON SUNDAYSは、アート鑑賞後に最適のカフェ@ワタリウム美術館(外苑前駅)

2017.09.02

今日のひとこと

ホラノコウスケ
久々に会った妹に「お腹出てきた?」と言われた。
これから食欲の秋ですね。
コウスケ(@kosstyle)でした。
クレア・ロハス+バリー・マッギー展「Big Sky little moon」

ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら