自然と人工、その不調和:「Blue」猪瀬直哉(GINZA SIX、〜2019/1/31)

今日、私は自然に対してどんな影響を及ぼしただろう?

2018年だけで326展のアートを巡ったライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。
GINZA SIXの蔦屋書店THE CLUBにて、猪瀬直哉「Blue」展が開催されています(〜2019/1/31)。

「Blue」猪瀬直哉

“基本的には自分の身の周りに起こる問題や様々な社会問題、環境問題を題材に絵画を描いている。絵画は言語を超えた存在であり、視覚情報により瞬時に全世界の人々と情報を共有できるツールである。“

猪瀬直哉は、自然界とそこにおける人間の強欲な在りかた、それによって生み出される不調和な関係性を探求しています。(中略)

本展覧会では猪瀬の原点とも言える「ブルー」をテーマに、新作と旧作を回顧展形式で展示いたします。(中略)
視覚的にブルーに溶け込む、大気、空や、海に飛び込んでいく感覚という意味もあれば、メランコリックな要素もある、猪瀬直哉が描き出す青が持つ様々な表情をお楽しみください。

猪瀬直哉 Blue Naoya Inose Blue | THE CLUB

「ブルー」であなたは、何をイメージしますか?

自然と人工、その不調和

明らかに人工的な場所にいるペンギン。

 

スーパーマリオの土管と、妙にリアルな土管。

 

これらの不調和で誰が何を得て、誰が何を失うだろう。

 

空のBlueは、キレイな方がいいな。
ホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

【まとめ】時間、場所など

展示名:猪瀬直哉 Blue Naoya Inose Blue
場所:THE CLUB
アクセス:地下鉄銀座駅A2出口徒歩3分
住所:東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F 銀座蔦屋書店内
会期:2018年12月1日~2019年1月31日
開演時間: 11:00~19:00
休館日:なし
入場料:無料

ここから学べる発想のヒント

ホラノコウスケ
言いたいことを、図で表現してみるとしたら?

その他、東京のおすすめアート情報

「マイケルケンナ写真展 MICHAEL KENNA A 45 Year Odyssey 1973-2018」(恵比寿、〜2019/1/27)

2019.01.25

身近なものから生み出すアイデアの数々!「ブルーノ・ムナーリ 役に立たない機械をつくった男」展 (世田谷美術館、〜2019/1/27)

2019.01.23

えっ!?新鮮な驚きの数々:「続々 三澤遥 」展(東京銀座、〜2019/1/26)

2019.01.20

コウスケの日常

ホラノコウスケ
「なんとなく体によさそう」という理由で、温かいドリンクはレモンやゆずのものを選びがち。


頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら