表参道の空に浮かぶ異空間『DAN FLAVIN』展@エスパス ルイ・ヴィトン東京

 

ここは表参道。

アート大好き、ホラノコウスケ(@kosstyle)が、ルイ・ヴィトン表参道へやってきました。
この7階に、空に浮かぶガラス張りの異空間アートスペース「エスパス ルイ・ヴィトン 東京」があるんです。

今回は、9/3(日)まで開催されていた『DAN FLAVIN』展が目的です。

ルイ・ヴィトン表参道の7階にアートスペース

表参道駅から徒歩3分。
ルイ・ヴィトン表参道があります。

中へ入ると、右手にこの通り。
アートスペース「エスパス ルイ・ヴィトン 東京」の案内があります。
今回は『DAN FLAVIN』展でした。無料なんですよ。

エレベーターで7階へ上がると…。

都会の真ん中に、空に浮かぶ異空間

『DAN FLAVIN』展。
えっ?何もない?というシンプルな空間。

ダン・フレイヴィンは、ミニマリスト運動の主唱者として「光」を使用する手法の探究に生涯を捧げた人物。
工業的に加工された材料の使用、基本形の連続と反復という手法、そして表象、錯覚、あるいは隠喩(メタファー)の拒絶を通して、ミニマリスト運動の誕生に貢献したのだとか。

ただ蛍光灯が、連続して並べられています。
しかしもちろん、こんな展示はみたことがありません。

この通り、よく見ると本当に普通の蛍光灯のようです。
しかしとても美しい空間を作り出しています。

まとめ

『DAN FLAVIN』展は9/3(日)で終わってしまいましたが、インスタにみんなの投稿が上がっていて楽しめます

次は中国人アーティスト、ヤン・フードンを招いた新たな展覧会を開催とのこと(2017/10/18〜2018/3/11)。
楽しみですね。

今日のひとこと

ホラノコウスケ
iPhoneの充電をかれこれ1時間以上していても、起動しない。さてさて。
コウスケ(@kosstyle)でした。

アート関連のおすすめ記事

違和感が愛おしい。バリー・マッギー+クレア・ロハス展「Big Sky little moon」@ワタリウム美術館

2017.09.03

国立新美術館『サンシャワー 東南アジアの現代美術展』:知ると気が重い、しかしフォトジェニック。

2017.08.31

無料で鑑賞!銀座メゾンエルメス8階「ATM tempo I/II/III セロニアス・モンクに捧ぐ」エマニュエル・ソーニエ展【〜10/31(火)】

2017.08.30

そこまでやるから見えるもの。『そこまでやるか 壮大なプロジェクト展』@東京ミッドタウン21_21 DESIGN SIGHT

2017.07.23

SNS映えする作品も多数!「サンシャワー 東南アジアの現代美術展」@森美術館

2017.07.21


頭の使い方を身につけ、人生の幅を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら