まさにカオス。東京インディペンデント2019がヤバすぎた(東京藝術大学、〜2019/5/5)





カオス。

1年で326展のアートを巡ったライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。
ちなみに今年は既に168展みており、今回紹介する展覧会も、2019年に見た中でも大きなインパクトを残してくれそうです。

上野の東京藝術大学にて開催されている、東京インディペンデント2019です(〜2019/5/5)。

東京インディペンデント2019とは?

東京インディペンデントは自由出品の美術展です。年齢、国籍、民族、文化信条、ジェンダー及びセクシャルオリエンテーションなど一切の社会的区分も、美術教育を受けた経験の有無も問いません。芸術家としての意志があるすべての人に出品する資格があります。

東京インディペンデント 2019

なんと、総勢633人による作品を展示しています。
あまりの作品数の多さから、消防法などに抵触する部分が出て、オープンを延期して調整し4/18に開幕したのだとか。

自由出品の美術展。
原則として無審査だから、まさにカオス。

中には、「怒られないの!?」って作品も…(汗)。

特に気になった作品たち

この方をいじって良いのでしょうか…。
まぁ、良いか良くないかと言ったら良くないかも。
しかし、アートはそういうものではないでしょう。

私はここで、平成の終わりを感じたのでした。

 

これ素敵。
小さな砂場の中に、文字が散りばめられています。
単語や文章を組み立てたくなる。

 

633人の作品の中でも、圧倒的な存在感。
すぐ分かりました。
まさかの、名和晃平さんの作品です。

以前見たのは、こんな驚きの作品でした。

名和晃平「Biomatrix」展(上野・日暮里、〜2018/12/8):元銭湯にある異様な水泡とは…?

2018.11.08

有名な作家さんの作品は他にもありますが、お笑い芸人ジャルジャルの作品も。
ぜひ探してみてください。
ヒントは、アーティスト名はJART(ジャール)だということ。

 

こちらもお笑い系?
くだらないことを全力でやる感じ、嫌いじゃない。

 

そういう意図があるのか分かりませんが、「ある」角度から見ると、このようにハートに見えました。

他にもユニークな作品多数!

まとめ

ここでは紹介しきれない作品の数々。
そして何より、これらの作品が「集まる」ことでこの場に生まれる「熱」を、この会場で感じてほしいです。

何かみんながざわつくようなことをやらかしたくなった、ホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

展示名:Tokyo Independent | 東京インディペンデント
場所:東京藝術大学大学
アクセス:JR上野駅(公園口)より徒歩10分
住所:東京都台東区上野公園12-8
会期:2019年4月18日(木)- 5月5日(日)
開演時間:10:00 – 18:00(最終入場 17:30)、5月5日は14:00閉館(最終入場13:30まで)
休館日:なし
入場料:無料

ここから学べる発想のヒント

ホラノコウスケ
あなたが、無審査でたくさんの「何か」を募集するとしたら…?

その他、東京のおすすめアート情報

アーティスト25組が注目する「つながり」とは?「六本木クロッシング2019展:つないでみる」(〜2019/5/26)

2019.02.20

コウスケの日常

ホラノコウスケ
「人を動かす」のは難しい。さて、どうしようか。


頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら