ル・パン・コティディアン東京オペラシティ店:アート鑑賞後に寄りたい、こだわりパンの店





パン屋でいつも買いすぎる、ホラノコウスケ(@kosstyle)です。

初台の東京オペラシティにて五木田智央「PEEKABOO」を鑑賞。
そのとき寄ったのが、お気に入りのお店、ル・パン・コティディアン東京オペラシティ店です。

ル・パン・コティディアン東京オペラシティ店


京王新線初台駅から徒歩1分。
東京オペラシティの1階にあるのが、ル・パン・コティディアン東京オペラシティ店です。


店内はシンプルで温かみのあるオシャレな雰囲気。


週末などは込んでいる印象です。


とはいえ、おひとりさまも気軽に入れるところが気に入っています。

こだわりのパンがずらり

実は、店に入るとまず、こだわりのパンがずらりと並んでいるんです。

公式サイトには、こうあります。

時間をかけることの大切さ

Le Pain Quotidienのパンの材料は小麦粉、発酵種、水、塩、そして時間。片手で数えられるほどしか使いません。小麦粉は私たちのために特別に作られている小麦粉を使用。(中略)

Le Pain Quotidienのパンは消化しやすいだけではなく、体に良い栄養も豊富に含んでいる。
​それがLe Pain Quotidienの違いなのです。

私たちのパンは全てオーガニックの小麦粉、塩、水から始まります。そこに全粒粉や他の穀物、シード類を加えることで飽きの来ない​バラエティ豊かなパンを提供しているのです。

私たちのパン – Le Pain Quotidien Japan


どれも美味しそうで、迷ってしまいます。

パン中心のメニュー、特におすすめはタルティーヌ

イートインのメニューは、

  • BREAKFAST(11時まで)
  • BRUNCH SETS(15時まで)

のほか、自慢のパンやデザート、コーヒーなどのドリンクはもちろん、牛肩ロースの煮込みなどのHOT DISHESやサラダ、そしてオーガニックワイン、ビール、カクテルなどのアルコールもあります(詳細メニューはこちら)。


たとえばこちらのデザート。
器も素敵です。


お椀のマグも可愛い。

そして、ル・パン・コティディアンが一番大切にしているのはタルティーヌ(スライスしたオーガニック小麦のウィートブレッドを使用したオープンサンドウィッチ)。

ウィートパン

私たちの「Pain Quotidien」です。 通常のパンの4倍の時間をかけてオーガニック小麦粉、塩、水、ルヴァンを丁寧にミックスして作られます。 スープやサラダ、卵料理と共に、そして代表的な メニュー、タルティーヌの土台としてLe Pain Quotidien に故郷の雰囲気を与えています。

私たちのパン – Le Pain Quotidien Japan


タルティーヌを頼むと、ワンプレートにスープ、サラダも乗っていました。


スープがあるのも、ホッとしますね。

まとめ

東京オペラシティにいくと、いつもここ。
コウスケ(@kosstyle)でした。

関連ランキング:パン | 初台駅参宮橋駅西新宿五丁目駅

オススメの関連記事

【期間限定】レトルト食品を出すカフェが大人気!nakato cafeが東京・青山にオープン!

2018.06.01

練馬の肉屋直営バル!ブッチャーズ+バル 練馬は何を食べても美味しい!

2018.05.16

ガーデンカフェ with テラスバー:都会のビル内(品川グース)に緑のオアシス

2018.05.09

今日のひとこと

ホラノコウスケ
企画、コンセプトについての本を読み漁ってみようかな。

頭の使い方を身につけ、人生の幅を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら