カラフルすぎる森に見たものは○○。レイチェル・ハリソン「House of the Dolphins」展(表参道、〜2018/9/2)

まさか、そんな思いにさせられるとは。

アート大好きライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

ラットホール・ギャラリーにてレイチェル・ハリソン「House of the Dolphins」を開催中(〜2018/9/2)。
独特の世界観が広がっています。

レイチェル・ハリソン「House of the Dolphins」

表参道駅A5出口より徒歩5分。
シンプルな階段を下へ降りるとそこにあるのが、RAT HOLE GALLERY。

ガラス張りのギャラリー内に見える、カラフルな木材の異様な雰囲気が、好奇心をそそります。

ハリソンは近年、捻れた木材を探し求め、材木置き場に足繁く通い続けています。(中略)
木材はコントロールすることが難しく、たとえば倉庫の棚に長期間寝かされていたり、極端に力を加えられたりした場合、捻れたり曲がったりするなど、規格や規準から外れてしまうことが避けられません。彼女はそうした、建物の構造物としては用をなさない捻れた木材を自身の立体作品の礎とし、それらをセメントでコーティングし多様な彩りをまとわせたうえで、直立させ作品をつくりあげています。

RAT HOLE GALLERY

無造作に(しかし考えられているように)、間をあけて置かれた作品。

まるで自分のようだと思ってしまった。
「コントロールすることが難しい木材」は私だ。

「規格や規準から外れて」、捨てられかけていた。

しかしそんな私に価値を感じ、高めてくれるレイチェル・ハリソンのような人が中にはいるのだ。
そういう人のおかげで私は、輝きを放つことができる。

奥には写真が並んでいるのが見えます。

記憶の破壊

彼女がアテネ、デルフィ、デロス島などの博物館でギリシャ彫刻を撮影した写真作品が展示されます。(中略)
いくつかの彫刻は一部が削り取られているなど、意図的な力あるいは無常の時間が複合的に働いていることが明らかにされています。
なかでも顔部分が崩されているローマ女帝の彫刻は、特に目を引きます。この彫刻は現在、アテネ国立考古学博物館に所蔵されており、ある人物の存在した痕跡を歴史から完全に抹消する行為である「ダムナティオ・メモリアエ(記憶の破壊)」の実例として一般に知られています。

RAT HOLE GALLERY

自分がいなかったことにされたとしたら。
今この世からだけでなく、痕跡をも消されるとしたら。

いや、待てよ?
私が世の中から消えたってたいしたことないのではないか?

私がこの世にいなかったら起き得なかった何か。
それを世の中へ提供し続けなければ、私がこの世にいる意味がないのではないか?

まとめ

片隅に置かれていたコレ。
…ん?

ハンバーグが食べたくなった、ホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

展示名:レイチェル・ハリソン「House of the Dolphins」
場所:ラットホール・ギャラリー
住所:東京都港区南青山5-5-3 B1F
会期:2018年06月01日 ~ 2018年09月02日
開演時間:12:00から20:00まで
休館日:月曜
入場料:無料

ここから学べる発想のヒント

ホラノコウスケ
不必要と思われるものに価値を与えるには…?

その他、東京のおすすめアート

チームラボ「呼応する木々」(〜2018/9/2):GINZA SIX屋上に幻想的・カラフルな木々

2018.08.27

唇と冷凍庫の関係。ベルトラン・ラヴィエ「Medley」@エスパス ルイ・ヴィトン東京(表参道、〜2018/9/24)

2018.06.14

コウスケの日常

ホラノコウスケ
静岡にある「さわやか」のハンバーグが久々に食べたい。


頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら