六甲ミーツ・アート2018のオススメ作品ベスト5!混雑状況、かかる時間は?(兵庫県神戸)

楽しくてたまらない!

アート大好きライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

兵庫県の六甲山にて、六甲ミーツ・アート2018を開催中(〜2018/11/25)。
半日で

  • 風の教会とその付近
  • 六甲山カンツリーハウス
  • 六甲ガーデンテラス

をまわることができました。
中でも素晴らしかった作品ベスト5+αを紹介します。

第1位:久保寛子《やさしい手》@六甲山カンツリーハウス

六甲ミーツ・アート2018久保寛子《やさしい手》

久保寛子《やさしい手》

なんでしょう!この神々しい風景は!

その場で見ても、どうなっているのかよく分かりません。
指先だけがそっと、やさしく、水面についています。

水面をスマホ画面のように、青い指先がシュッと横へスワイプしたら、世界という画面が変わってしまいそうです。

第2位:笠井祐輔《動物たちも景色を見ている》@TENRAN CAFE

六甲ミーツ・アート2018笠井祐輔《動物たちも景色を見ている》

笠井祐輔《動物たちも景色を見ている》

これは女子ウケ良いですね。
動物たちと一緒に景色を見ることで完成する作品です。

六甲ミーツ・アート2018笠井祐輔《動物たちも景色を見ている》

運よく、作家さんにお会いできました。
実は9/16、これらの作品が何者かに破壊される事件がありました
しかし作家さんの尽力により、復活したんです。

もともとデザイナーさんとのことで、動物たちもデザインとしての可愛らしさ・美しさが感じられますね。

この景色をきっと、動物たちもどこかから見てる。

どんな想いで、動物たちはこの景色を見ているのでしょう?

第3位:さわひらき《absent》@風の教会

六甲ミーツ・アート2018さわひらき《absent》風の教会、安藤忠雄

この通路を抜けた先にあるのが。

六甲ミーツ・アート2018さわひらき《absent》風の教会、安藤忠雄

さわひらき《absent》

安藤忠雄氏による「風の教会」と、その中にあるこれらの作品です。

六甲ミーツ・アート2018さわひらき《absent》風の教会、安藤忠雄

この美しい教会の中に作品を展示するなんて。

六甲ミーツ・アート2018さわひらき《absent》風の教会、安藤忠雄

でも不思議と違和感がありません。
いつもこうであるかのような空間。

座ってしばらくボーッとしたくなります。

第4位:大木土木とミツヤ電機《おしゃまなユンボ》@風の教会近く

六甲ミーツ・アート2018大木土木とミツヤ電機《おしゃまなユンボ》

大木土木とミツヤ電機《おしゃまなユンボ》

風の教会ちかくですが、うって変わって「落ち着き感ゼロ」の遊び心満載な作品たち。
ショベルカーでハート!

六甲ミーツ・アート2018大木土木とミツヤ電機《おしゃまなユンボ》

パイプでつくったゲートもあります。

六甲ミーツ・アート2018大木土木とミツヤ電機《おしゃまなユンボ》

大量の軍手は空や我々に向かって、何を表現しているのでしょう?

これらはまだ「作品」だと分かりやすかったのですが、他の作品を見ずに帰ってしまっていた方を多く見かけました。
よく見ると…、工事現場にありそうでない「作品」が他にもあるんです。

六甲ミーツ・アート2018大木土木とミツヤ電機《おしゃまなユンボ》

工事現場にありそう?
いや、ないない。
「50m先」ってどこなのか。

六甲ミーツ・アート2018大木土木とミツヤ電機《おしゃまなユンボ》

「安全第一」って。
ぜんぜん危険です。

でもこういう遊び心、嫌いじゃないです。

六甲ミーツ・アート2018大木土木とミツヤ電機《おしゃまなユンボ》

いやいや、遊びすぎです。
どこ行ったらいいの!?

第5位:平井里奈《陶の庭》@六甲山カンツリーハウス

六甲ミーツ・アート2018平井里奈《陶の庭》

平井里奈《陶の庭》

えっ!?

芝生の上に、エキゾチックな玉がたくさん。
何気ない風景に、不思議な怪しさがあります。

ここから昔話でも始まりそうです。

その他にも素敵な作品がたくさん!

他にも素敵な作品がたくさんあります。

例えば六甲山カンツリーハウスには。

六甲ミーツ・アート2018木村剛士《畑になる/人》

木村剛士《畑になる/人》

六甲ミーツ・アート2018森太三《色相の船》

森太三《色相の船》

六甲ミーツ・アート2018表良樹《旅する山2018》

表良樹《旅する山2018》

六甲ミーツ・アート2018表良樹《旅する山2018》

 

風の教会近くのグランドホテル 六甲スカイヴィラには…。

六甲ミーツ・アート2018井上裕起《salamander [F1]》

井上裕起《salamander [F1]》

六甲ミーツ・アート2018井上裕起《salamander [F1]》

 

風の教会近く、大木土木とミツヤ電機の作品の近くには、土管が。

六甲ミーツ・アート2018qvt《無限ホール土管》

なんと、中に入って音や光を楽しむ作品なのです。

六甲ミーツ・アート2018qvt《無限ホール土管》

qvt《無限ホール土管》

 

他にもいくつか会場があり、どれも気になります。

混雑状況、かかる時間は?

おすすめプランが用意されていてとてもわかりやすいので、それに沿っていってみると良いかもしれません。

私は今回、アートプランにそって行きました。
ざっと3時間で、このくらい観ることができました。

  • 14:40:風の教会にて、さわひらき《absent》
  • 15:00:風の教会近く、大木土木とミツヤ電機《おしゃまなユンボ》
  • 15:15:風の教会近く、qvt《無限ホール土管》
  • 15:25:グランドホテル 六甲スカイヴィラ、井上裕起《salamander [F1]》
  • 15:45:TENRAN CAFE、笠井祐輔《動物たちも景色を見ている》
  • 16:05:六甲山カンツリーハウス、表良樹《旅する山2018》
  • 16:10:六甲山カンツリーハウス、森太三《色相の船》
  • 16:12:六甲山カンツリーハウス、木村剛士《畑になる/人》
  • 16:18:六甲山カンツリーハウス、久保寛子《やさしい手》
  • 16:23:六甲山カンツリーハウス、平井里奈《陶の庭》
  • 16:30:六甲山カンツリーハウス、大宮エリー《とある未亡人の館》
  • 17:00:六甲ガーデンテラス、鉾井喬《風の痕跡─六甲山─》
  • 17:04:六甲ガーデンテラス、伏見雅之《六甲山光のアート 「Lightscape in Rokko」 ─秋バージョン「秋は夕暮れ」─》
  • 17:07:六甲ガーデンテラス、佐川好弘《#ROKKO》
  • 17:10:六甲ガーデンテラス、松蔭中学校・高等学校 美術部《それゆけ!てんしろうくん》

六甲ガーデンテラスで食事もでき、夜は夜景がキレイです。

もうちょっと時間があれば、他にも行きたかったなという感じです。

  • 六甲有馬ロープウェー 六甲山頂駅
  • 六甲高山植物園

などにある作品も見たかったなというところです。

充分楽しめたけど、見られなかった作品が気になってたまらない、ホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

会期・時間・入場料など詳細まとめ

展示名:六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018
会期:2018年9月8日(土)〜11月25日(日)
開演時間:10時~17時(会場により17時以降も鑑賞できる作品あり)
休館日:会期中無休
入場料:大人(中学生以上)2,000円、小人(4歳~小学生)1000円

発想のヒント

ホラノコウスケ
あなたの身近なところにアートを取り入れるとしたら?

その他、おすすめアート情報

あなたはどう見る?「TOPコレクション たのしむ、まなぶ 夢のかけら」展@東京都写真美術館(〜2018/11/4)

2018.10.13

梅沢和木 + TAKU OBATA 「超えてゆく風景」展@ワタリウム美術館(外苑前、〜2018/12/2)

2018.10.08

光をどう表現する?ジャッキー・サコッチオ「堪えがたいほどの光」展@THE CLUB(銀座、〜2018/11/10)

2018.10.05

コウスケの日常

ホラノコウスケ
英語ができないだけで、人に迷惑をかけたり、ストレスを感じたり、「できない」感じに見られたり、自信が揺らいだりするのは、もったいないことだなぁ。
っと、年に1回くらい痛感する。英語がんばろ。


頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら