いいから描け。うまくいかなかったら捨てたらいいさ。ハビア・カジェハ『Do Not Touch』展(渋谷、〜2018/12/22)





いいから自由に描けよ

そう言われた気がします。

ライター・講師の、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

渋谷のNANZUKAにてハビア・カジェハ『Do Not Touch』展を開催中(〜2018/12/22)。
作品の世界へ入り込むことのできるインスタレーション。
そして、ドキッとするものもありました。

ハビア・カジェハ『Do Not Touch』展

カジェハの作品は、日常生活のさまざまな出来事にちょっとした仕掛けを加えることによって、驚きとユーモアを与えるトリックに満ち溢れています。(中略)
鑑賞者が自ずと読み出すようなストーリーの設定は、カジェハが仕掛けた罠の一つです。(中略)

また、カジェハの作品と日本との因果関係を語らないわけにはいきません。幼少期より日本の漫画やアニメーションなどに親しんで育ったカジェハにとって、自身の作品の登場人物をキャラクター的に強調して見せるスタイルは、自然と身についたスタイルでした。また、2007年にマラガ現代美術館における奈良美智の個展のサポートした経験も、カジェハのアーティストとしての成長に大きな影響を与えました。テキストを画面に引用する手法で、登場人物をよりウィットに富んだキャラクターに仕立てる手法などは、カジェハが奈良美智から学んだスタイルとも言えます。

ハビア・カジェハ「Do Not Touch」- NANZUKA

さて、そんな世界へ行ってみましょう。

ハビア・カジェハの世界へ入り込む

「上手く描こう」の前に。

描かないと上手くならないし、どうなるか分からないでしょ?

描いてダメなら丸めちゃえ。描きなおせばいいさ。

こうして、なんだか自分も作品の一部になったかのようです。

その目は、何を見ているのでしょうか。

そして最後に騙されかけた。
“Do Not Touch”だよ。開けなくていい扉もあるんだ。気をつけて。

この手のキャラクターものやアニメにそれほど興味がなくても楽しめた、ホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

【まとめ】場所、時間など

展示名:ハビア・カジェハ「Do Not Touch」
場所:NANZUKA
住所:東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷アイビスビルB2F
会期:2018年11月24日(土) – 12月22日(土)
開演時間:11:00 – 19:00
休館日:月曜・日曜・祝祭日
入場料:無料

ここから学べる発想のヒント

ホラノコウスケ
自分自身、あるいは自分の仕事をキャラクターで表現するとしたら?

その他、東京のおすすめアート情報

映画『顔たち、ところどころ』:年の差54歳のフランス人アーティスト二人旅が生み出したものとは?

2018.12.10

そこまでやるか!?『吉村芳生 超絶技巧を超えて』展(東京駅、〜2019/1/20)

2018.11.25

「ムンク展―共鳴する魂の叫び」(上野):叫びの秘密、見どころ、空いてる時間・混雑状況は?

2018.11.06

コウスケの日常

ホラノコウスケ
肩こり、腰こりがヒドイ。んんん。


頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら