皆がよく知るアレが未確認回転物体に!?岡本光博 「UFO」展(神楽坂、〜2018/11/3)

岡本光博『UFO』展

大変だ。

アート大好きライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

神楽坂のeitoeikoに、未確認回転物体が展示されているというのです。
岡本光博 「UFO」展(〜2018/11/3)、現場へ行ってみました。

岡本光博 「UFO」展

神楽坂駅から徒歩5分。
普通の住宅街に、未確認回転物体があるというんです。

岡本光博『UFO』展

看板を見つけたので、おそるおそる入ってみると…。
ありました!

岡本光博『UFO』展

確かに回っています。
アレに見えるのですがしかし、回転していてその詳細を確認することができません。

岡本光博『UFO』展

デカイ!
ぐるんぐるん回っています。

 

ああっ!
こちらは完全に何だか把握できます。
あの、焼きそばU.F.Oでしょう!

…しかし、日本語が見当たりません…。
海外製???

ただただ、回転しています。
どこへ向かっているのでしょうか。

実は各地で目撃されている

岡本光博『UFO』展

青森や北海道には、未確認「墜落」物体の目撃情報もあります。
そのときの写真がありました。

 

岡本光博『UFO』展

こちらは2016年の兵庫県・六甲ミーツ・アートという芸術祭のイベント会場。
日清食品のチキンラーメンひよこちゃんも未確認墜落物体を目撃、インスタに投稿しています。

 

岡本光博『UFO』展

しかし日清食品と作家の関係は決して良好ではないのか、日清食品と弁護士から作家へ連絡があったのだとか。

事前に相談があってしかるべきであったと考えており、今後、弊社グループ商品のデザインを利用した作品を制作される場合には、そのようにしていただくよう、ここにお願いするものです。

作家はそれを心に刻むのでなく石に刻み、作品としています。

場所・時間など展示の詳細

昨年東京でドラえもん展があった時期には「ドザえもん展」を開催するなど、ユーモアもありながら著作権に関わる問題提起を行ってきた!?岡本光博氏。
今後も注目していきたいと思った、ホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

展示名:岡本光博 「UFO」
場所:eitoeiko
住所:東京都新宿区矢来町32−2
会期:2018年10月05日 ~ 2018年11月03日
開演時間:12:00から19:00まで
休館日:月曜・日曜・祝祭日
入場料:無料

ここから学べる発想のヒント

ホラノコウスケ
あなたの商品・サービスを大きくするとしたら…?

その他、東京のおすすめアート情報

あなたはどう見る?「TOPコレクション たのしむ、まなぶ 夢のかけら」展@東京都写真美術館(〜2018/11/4)

2018.10.13

梅沢和木 + TAKU OBATA 「超えてゆく風景」展@ワタリウム美術館(外苑前、〜2018/12/2)

2018.10.08

光をどう表現する?ジャッキー・サコッチオ「堪えがたいほどの光」展@THE CLUB(銀座、〜2018/11/10)

2018.10.05

コウスケの日常

ホラノコウスケ
ちょっと疲れてるかな。マッサージへ行きたい。

岡本光博『UFO』展

頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら