ノムリエ(名古屋・矢場町):ランチ・カフェ・ディナーも楽しめる古民家レストラン





まるで隠れ家!

ホラノコウスケ(@kosstyle)です。

名古屋・矢場町の都会の中の意外な場所に、隠れ家のような古民家レストランを発見。
雰囲気が素敵なだけでなく、料理も素晴らしいんです。

ノムリエ:名古屋・矢場町の古民家レストラン


矢場町駅から徒歩5分。
ビルが立ち並ぶ大津通を脇に入ると、急に古民家のようなお店があります。
ノムリエです。


中はカウンターのほか、テーブル席もあります。


古民家を改築したようですが、かなりオシャレな雰囲気。
とても落ち着く空間です。

フレンチベースの料理を気軽に楽しめる

何でも始まりは大事です。
席に着くとまず登場するのは、こんな素敵なアミューズ。


中でも面白いのはこれ。
こんなに小さなクロワッサン、初めて食べました。


濃厚ポテサラ(780円)。
「濃厚」は正直ピンときませんが、なめらかなポテトと野菜の食感の違いが面白い。


こちらはマタカの昆布締め。
肉厚な身に、昆布の味わい。
思わず目を閉じて情報を遮断し、この味だけに集中したくなります。


パルミジャーノガレット(780円)。
これ大好き。
濃厚さと香ばしさ、そしてサクサク感が病みつきになる、危険な味です。


仔羊のロースト ペルシャード(1,980円)は、野菜や肉の素材の味をごまかさない調理がされています。
骨を手にとって肉にかぶりつきたくなる衝動を抑え、ナイフとフォークでじっくり味わいました。

驚きの料理はこれ

メニューに意外なものが書かれていました。

トマトカレー麺 or 飯」です。
しかも、冷たいものか温かいものかが選べ、さらに麺の場合はパスタかうどんかを選択できます。

私の思考はこうです。
「一番想像のつかないものにしよう」

まず、冷たいカレーはあまり想像がつきません。
さらに、カレーうどんは食べたことがあるけど、カレーパスタはない。

純粋な「食べたさ」よりも、「好奇心」で選んだ結果…。


こんなに美味しそうなパスタが登場!


極細のパスタはまるで、そうめんのよう。
しかし口の中へ運ぶと、そうめんにはない食感。やっぱりパスタなんです。

トマトの清涼感とカレーのスパイシーさで、夏にピッタリの一品です。

まとめ

お気に入りのお店になりました。
他の料理も食べてみたいですし、のんびりお話するのに最高のお店だと思います。

ワインバー?なのにワインはよく分からない、でもこのお店の料理と雰囲気が気に入ったホラノコウスケ(@kosstyle)でした。

関連ランキング:ビストロ | 矢場町駅栄駅(名古屋)上前津駅

ここから学べる発想のヒント

ホラノコウスケ
未知の旅は、道が大事。

その他、名古屋のおすすめグルメ

レミニセンス(名古屋・矢場町):記念日ランチ・ディナーに!オシャレすぎるモダンフレンチ店

2018.07.09

隠れ家的な古民家で、驚きのイタリアンを。アンティキ(名古屋市東区)

2018.03.14

中国飯店 麗穂(ミッドランドスクエア41階)で、自分を高める料理をいただく。

2017.12.25

コウスケの日常

ホラノコウスケ
東京はアートギャラリーがいっぱいで楽しい。
人混みが苦手だが。

ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら