本格イタリアンを家庭で再現!「青の洞窟」パスタソースが美味すぎる!

パスタ大好き、コウスケ(@kosstyle)です。

外へ出るのは面倒だけど、美味しいもの食べたいな

そんな私たち大人の欲望を満たしてくれるのが、「青の洞窟」シリーズ。
本格イタリアンを家庭で再現できると話題です。

中でも今回、温めるだけなのに美味しすぎるパスタソースを6種類ためしてみました。

青の洞窟シリーズとは

青の洞窟」とは、欲深い大人の濃厚イタリアン。
濃厚な味わいの本格イタリアンを、家庭で驚くほど簡単に再現できます。

 


例えばパスタソースなら、湯煎するだけであっという間に準備完了。
美味しいパスタをすぐに食べられます。

今回は、パスタソース6種類を食べ比べてみたので紹介します。

イタリア産完熟トマト果肉の「ポモドーロ」


まずは定番トマトソース。ポモドーロです。

 


ドバッ!とかけてみました。
バジルは別袋でついています。

 


やっぱり混ぜたほうが見栄えが良いですね。

完熟トマトが驚きの旨みです。
想像よりかなり甘い。ビックリ!

トマトソースといえば定番と思いきや、初めて食べる味です。

イタリア産完熟トマト果肉の「アラビアータ」


こちらは同じ完熟トマトでも、アラビアータ。

 


見た目は先の「ポモドーロ」に似ていますが…、

 


これこれ、この味。イタリアン!て感じですね。
にんにくと唐辛子のピリ辛が効いてます。

しかし過去に食べたことのあるアラビアータと比べ、完熟トマトの旨みが濃厚です。
これは驚いた!
私の脳は、イタリアへ飛んでいきました…。

あさりの旨味広がる「ボンゴレビアンコ」


これもわりと定番?ボンゴレビアンコです。

 


あさりの深い旨味が、これでもか!と口いっぱいに染み渡ります。
ほんの少しピリッとするのも、良いアクセント。

 


パスタの本場イタリアでは日本と違い、パスタを食べるときにスプーンを使わないといいます。
しかしこれについてはスプーン必須。
スープを全て、飲み干しましたよ

きのことベーコンの「ポルチーニクリーム」


自宅でポルチーニなんて食べたことのない私ですが…、

 


「青の洞窟」があれば、この通り。

濃厚ソースを絡めたパスタを口へ運んで静かに味わうと、ポルチーニの豊かな香りが鼻からふわっと抜けていきます
目を閉じると、上品で高級感あるイタリアンレストランにいるようです。

 ズワイ蟹の旨み豊かな「蟹のトマトクリーム」


「蟹」というだけで高級感を感じますね。期待が高まります。

 


ズワイ蟹×完熟トマト×クリームという、旨みの掛け算

美味しい。
しかし期待しすぎたのか、事前に用意していた

家庭でこんな高級料理を味わえるなんて!

という言葉は出てきませんでした。
いやしかし、価格と手軽さを考えれば充分美味しいんですけどね。

2種のチーズの「カルボナーラ」


定番カルボナーラはいったいどんな味なのか?
パルメザンチーズとペコリーノチーズ、2種類が入っているそうです。

 


ザ・濃厚です。
パスタにしっかり絡みついたソースが、今度は舌にしっかり絡みつきます。
しかしペッパーが効いているから飽きません。

大人のイタリアンなので、もっと大きなベーコンがごろごろ入っていたら嬉しかったかも。

まとめ

「青の洞窟」パスタソースは他にもいろいろあるので、ぜひ試してみてください。
家に常備しておけばとても便利です。

味が美味しいのはもちろんですが、ソースの量が多めなのも嬉しいポイント。

ソースが足らなくてパスタが残ってしまった…みたいになると、ちょっと貧乏くさい気持ちになるんすよね。
でもこの「青の洞窟」シリーズではそれがありませんでした。
ややパスタ多めでも、ソース1つで問題なし。

で、結局どれが一番オススメなの?という話ですが、もちろん個人の好みもあるでしょう。
私のリピート確定は、

  • ボンゴレビアンコ
  • アラビアータ

かなぁ。

ところで、

いくらパスタソースが温めるだけでも、パスタをゆでるのに時間がかかるのが面倒…

というあなた。

たった1分で美味しいパスタをゆでられる方法があるんです。
これと「青の洞窟」シリーズの組み合わせなら、自宅でサクッと本格イタリアンが食べられますね。

たった1分で茹で上がる!超簡単「すいすいパスタ」の作り方

2017.04.19

今日のひとこと

ホラノコウスケ
自分を変えるのは難しい。でも他人を変えるのはもっと難しい。
良い「諦め」が、自分も他人もラクにする。
コウスケ(@kosstyle)でした。

ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら