たった1分で茹で上がる!超簡単「すいすいパスタ」の作り方

パスタ大好き、コウスケ(@kosstyle)です。

お店で食べるのは良いですが、自宅だと茹で時間がかかるのがちょっと面倒。
しかし、たった1分でパスタが茹で上がる、すごい方法があるんです。

「すいすいパスタ」の作り方

NHK「ためしてガッテン」で放送され、とても話題になった方法なので、知っている方も多いでしょう。
作り方を一言でいえば、「あらかじめ水につけておく」というだけ。

(1) パスタ100gに対し、水を300ml注ぐ
今回は大きなフライパンにしましたが、ジッパー付きの袋や、パスタ用の長い容器が便利そうです。

(2) 浸水時間の目安

  • 1.4mm(1時間)
  • 1.7mm(1時間半)
  • 1.9mm(2時間)

目安以上の時間が経ってもそれ以上は水を吸わないので、麺が伸びる心配はないとのこと。
つまり、夜パスタを水につけて放置しておくだけで、翌日のランチでサクッとパスタを作れちゃうわけですね。

ほら、パスタの色が変わり、こんなに柔らかくなりました!

(3) 冷蔵、冷凍もOK
冷蔵なら3日、冷凍なら長期保存が可能。
袋に入れて保存しても良いですね。

食べるときは、たった1分ゆでればOK!

さて、実際にパスタを食べるときは、既に柔らかい「すいすいパスタ」を1分ゆでればOK。

ほら、この通り!超簡単です!

まとめ

いやぁ、美味しいです。
事前に水につけるという超簡単な準備をしておくだけで、たった1分でパスタを茹でることができるなんて本当に便利。

さすがにアルデンテは難しいですが、フニャフニャに伸びて不味いなんてことは全くありません。
むしろモチモチして美味しい気も。

特に難しいこともなく、どんなパスタでも適当に2時間以上を水につけておけばOKなわけですから、覚えておいて損はないですね。

ちなみに、この鍋のシメにすいすいパスタも便利だし、とても美味しいのでお気に入りです!

今日のひとこと

ホラノコウスケ
凝り性も困りもの。この3日でパスタを5回食べました…。
コウスケ(@kosstyle)でした。

ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら