レミニセンス(名古屋・矢場町):読書のように料理を楽しむ、オシャレすぎるモダンフレンチ店





料理で驚きたい人へ。

ホラノコウスケ(@kosstyle)です。

名古屋に、とんでもないお店がありました。

  • 記念日のお祝いをするお店を探している
  • 好奇心旺盛
  • アートや読書が好き
  • 一緒に行く人を驚かせたい

などの方に特にオススメなのが、今回紹介する「レミニセンス(Reminiscence)」です。

レミニセンス(名古屋・矢場町)での記念日ランチ、ディナーに


名古屋・矢場町駅から徒歩8分。
看板だけでは何だかわからないこのお店が、今回紹介する「レミニセンス」。


階段を上がると、そこは上品な雰囲気。


席につくと、手渡されたのがこれ。
演出・コンセプトが素敵です。


開くと書かれているメニューがまるで物語のよう。
詳しくは書かれておらず、どんな料理が出てくるのかワクワクしますね。

極上の料理、その一部を紹介

そんなわけで、あなたのワクワクを奪わない程度に、料理の一部だけ紹介します。


第一章は「余韻」。

その一番最初、「雲丹」はこれです。
盛り付けからいきなり驚かされますが、味にもビックリ。
雲丹そのものの味も美味しいですが、添えられたものとの組み合わせで…。
こんな雲丹を食べたのは初めてです。

最初からこれだと、この先も期待しちゃいますね。

次は「鱒」。

星屑の輝く宇宙空間を連想させます。
流星が尾を引くように数種のソースなどがありますが、鱒の下にはアレが隠れており、「こういう食べ方するんだ!」と驚きました。

その次の「トマト」は、サラダが出てくるかと思いきや…。
お店で確かめてみてください。

さらにその後の鮎は、春の川を元気に泳ぐかのような盛り付けでした。

 

そして、第二章「記憶」。

これが何と、うなぎなんです。何と上品な。
きのこなどと一緒にいただきます。

この後、極上の肉料理をいただいて、次の第三章「安堵」へ。

「パイナップル」は食感・味がとてもユニーク。
シンプルに見えるのに、複数の味・食感が調和しています。

それ一品でもデザートとして充分素敵なのに、さらに次の一品「桃」が続きます。


この桃のようなものをパカっと開けると…。

 

その後、終章の茶菓子へと続きます。

コーヒー、紅茶も、こだわりのものが用意されています。

まとめ

とても素敵なお店です。

舌やお腹だけでなく、好奇心が満たされました。
誕生日デートなど記念日に使うお客さんが多そうです。

こうして振り返ると、お店の雰囲気や、舌の上で広がった物語、脳の驚き、そして楽しい時間が蘇ってきます。

店名の「レミニセンス」は思い出や、思い出させる物などのこと。
メニューには最初に

「余韻」と「記憶」

とあります。

記憶に残る食事をしたいときは、このお店を選べば間違いないでしょう。
あなたはどんなとき、このお店へ行きたいですか?

関連ランキング:フレンチ | 大須観音駅矢場町駅伏見駅

コウスケの学び

ホラノコウスケ
ストーリーを大切にする。

その他、愛知のおすすめグルメ

プチ・ヴェルドー:愛知県犬山市のオシャレで大人気のフレンチ

2018.06.15

隠れ家的な古民家で、驚きのイタリアンを。アンティキ(名古屋市東区)

2018.03.14

食べログ3.6超え!トラットリア フラテッリ ガッルーラ 大名古屋店はアノ店の2号店!

2017.09.05

今日のひとこと

ホラノコウスケ
地道に、勝ちパターンを徹底しようか。

頭の使い方を身につけ、人生の幅を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら