2020年に観た296のアート展で最も印象に残ったBest9





コロナ禍でも1年で296のアート展を観た、講師・ライターのホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

私にとって、現代アートはアイデア。自分の常識を壊すもの。
「その発想はなかった!」と言いたくて、中毒のようにアートを観に行っています。

ここでは順不同で、2020年のベスト9を紹介します。

1.ヤコポ バボーニ スキリンジ 「Bodyscore-the soul signature」

身体を楽譜に見立て、凹凸にインスパイアされて作曲するのは衝撃。

2.廣瀬智央「地球はレモンのように青い」

観たことのない景色。
このために愛知から群馬へ行った甲斐があった。

3.最果タヒ《#路地の詩》さいたま国際芸術祭2020

長ーい道に、長ーい詩。日常に宝物を見つけた気分。
本で読むより一字一句が大切で、夢中になった。

4.exonemo『UNDEAD-LINK インターネットアートへの再接続』

自分のスマホに指紋をつけたら、美術館のスクリーンに指紋がつく。
それであの景色に触れていると言えるのか?
ネットで何でも「情報」が手に入るからこそ、本物を「体験」する価値が増している。

5.宮島達男『宮島達男クロニクル 1995−2020』展

カウントされ続ける数字。
世界は、私は、止まらない。止まれない。

6.オラファーエリアソン『ときに川は橋となる』

自然(光、水)の美しさを再認識させてくれた。
私達の身の回りは、美しいものであふれてる。

7.上坂直「ディスタンス 〜間隔と感覚〜」

コロナ禍の世界では、Zoomで色んな人のプライベート空間を見る機会が増えた。
プライベートな衣装ケース、そしてその中にもプライベート空間が広がっていた。
動いたのがたまらなくワクワクしたな。

8.Banksy『バンクシー展 天才か反逆者か』

社会へ想いを発信する、ユーモアと美と力強さ。
有名無名は気にならないが、やっぱり凄かった。

【感想】『バンクシー展 天才か反逆者か』混雑状況、場所、所要時間、見どころは?(名古屋、横浜、大阪)

2020.03.25

9.久門剛史 『らせんの練習』

ささやく様に心に響いてくる作品たち。
静かにハッとする感じが、うれしい。

シンプルの美に、神経が研ぎ澄まされる。『久門 剛史 − らせんの練習』(豊田市美術館、〜2020/9/22)

2020.04.27

まとめ

いかがでしたか?

今年はアート関連の仕事(ワークショップ、文章ライティング)を増やしたい、ホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

自由に生きるヒント

ホラノコウスケ
あなたは2020年、どんなアートを見て、何を感じた?

その他、アートのおすすめ情報

【映画まとめ】「アートって意味わからない」というあなたを更に混乱させる映画7選

2020.05.15

【まとめ】Stay Home!美術館へ行く代わりに観たいおすすめアート映画12選

2020.04.26

コウスケの日常

ホラノコウスケ
さて、今年はどんな年にしようか?

頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら