草間彌生、三沢厚彦、加藤泉が無料!『丸の内ストリートギャラリー』

宝探しだ!

1年で536展のアートを巡ったライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

東京駅からすぐ、『丸の内ストリートギャラリー』に、草間彌生、三沢厚彦、加藤泉など超人気アーティストの作品が並んでいます。
道端にフツーにあるので、当然無料ですよ、無料。
平和だな、日本。

特にオススメの作品を中心に、一挙にご紹介します!

1. 三沢厚彦:大阪あべのハルカス美術館では1400円なのに!

道端にいるんですよ、この子たちが。
大阪・あべのハルカス美術館では三沢厚彦『ANIMALS IN ABENO HARUKAS』開催中(入場1,400円、〜2021/1/17)。

でもここ東京・丸の内ストリートギャラリーは、無料。

この堂々とした出で立ち。

忙しく歩き去る人々にアピールするかのよう。

かなり大きいんですよ。

2. 草間彌生の作品《われは南瓜》が道端に!

草間彌生《われは南瓜》

こんなお宝が、道端にあるんですよ。
海外なら、盗まれてる?

スルーするにはもったいない。
モノクロのお宝がひっそりと、街に彩りを添えています。

3. 加藤泉さんのあの何ともいえない作品も!

東京都庭園美術館で開催中『生命の庭ー8人の現代作家が見つけた小宇宙』(〜2021/1/12)でも話題の加藤泉さんの作品。
それをストリートで見られるのも嬉しい。

なんだろうなぁ。不気味なような、かわいいような。
ずっと見てると愛おしくなる。

4. 金氏徹平《Hard Boiled Daydream(Sculpture/Spook)#1》

アニメとリアルの融合?

この違和感がたまらない。

他にも木戸修、國府理、桑田卓郎、鹿田淳史など

他にも、いろんな作品が見られますよ。

木戸修《SPIRAL UQ》

なんだなんだ?

木戸修《SPIRAL UQ》

実はこんな形です。美しい。

以下も、作品写真だけをしばらく観察してから、その下のタイトルを見ると面白いかもしれません。

國府理《THE FARDENN(屋根裏の庭)》

桑田卓郎《つくしんぼう》

鹿田淳史《COSMIC ARCH ’89》

水井康雄《水のとびら》

詳細マップはこちら

サイトに地図があるので、これを見ながら回ると良いでしょう。
上に紹介したもの以外にもありますが、見逃して通り過ぎてしまいそう?

街を見渡すと、意外とアートがあるものですね。
いつもよりちょっとだけ、身の回りに興味を持って観察してみませんか?

ホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

ここから学べる発想のヒント

ホラノコウスケ
あなたの身の回りにある「アート」なものは何?

その他、おすすめアート情報

2020年に観た296のアート展で最も印象に残ったBest9

2021.01.01

ヨックモックの美術館!ヨックモックミュージアム開館!ピカソを多数展示し、カフェあり

2020.10.26

【映画まとめ】「アートって意味わからない」というあなたを更に混乱させる映画7選

2020.05.15

コウスケの日常

ホラノコウスケ
新しいこと、たくさん始めなきゃ。

頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら