塩田千春は森美術館だけじゃない!塩田千春展@ケンジタキギャラリー(東京・初台、〜2019/8/3)





小さな物語を見に。

1年で326展のアートを巡ったライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

森美術館 で大人気の『塩田千春展 :魂がふるえる』。
週末は1時間以上の行列ができているようです。

ところが。
彼女の作品は、東京・初台のケンジタキギャラリーにもあるのです。

以下の通り、森美術館を見た人もそうでない人も、要注目!

       

塩田千春展@ケンジタキギャラリー

初台駅から徒歩5分。
外からでも塩田千春さんの作品が見て分かります。

平日の昼間はほぼ誰もおらず、ゆっくり鑑賞できました。

       

森美術館に展示の作品の色違いもあり

森美術館の塩田千春展を鑑賞した方なら、ハッとするかもしれません。
あの作品の、色違いがあるんです。

そのほか、ドローイングも展示しています。

ワンピースのような。
美しい女性を連想させます。

彼女の作品の前に立つといつも、私の目の前で物語が再生されます。
作品が動き出し、私にしか見えない物語で感情を揺さぶるのです。

私が前へ進むための鍵はどれ…?

奥にも作品があります。
忘れずチェックしましょう。

まとめ

       

もちろん、このケンジタキギャラリーだけでなく、森美術館もオススメします。
森美術館には大規模なインスタレーションが6つもあり、圧倒的な世界観です。

【レポ】『塩田千春展:魂がふるえる』@森美術館、混雑状況(待ち時間)、所要時間、見どころは?

2019.06.24

友人から質問がありました。

初台→六本木、で巡るのがいいですか?
それとも、六本木いってから初台でしょうか?

私の答えはこうです。

それは悩ましい質問です(笑)。
どちらからでも間違いなく楽しめます。

超個人的には、森美術館→ケンジタキギャラリーかなぁ。
森美術館の方が大きなインスタレーションが6つもあり、インパクト大。先に行っても、印象は消えません。
一方、ケンジタキギャラリーは無料。小規模だから(たぶん)静かに楽しめ、森美術館に展示の作品の色違いもあり「あ!あれだ!」となります。後で行ったほうが印象に残りそうです。

森美術館で予約した図録が届くのが楽しみな、ホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

場所、会期、休館日など詳細

展示名:塩田千春展@ケンジタキギャラリー
場所:ケンジタキギャラリー
アクセス:京王新線「初台」より徒歩5分
住所:東京都新宿区西新宿3-18-2-102
会期:2019年6月21日(金)- 8月3日(土)
開演時間:12:00 – 19:00
休館日:日、月、祝
入場料:無料

ここから学べる発想のヒント

ホラノコウスケ
この記事にある塩田千春さんの作品から、あなたはどんな物語を思いつく…?

その他、東京のおすすめアート情報

【レポ】『塩田千春展:魂がふるえる』@森美術館、混雑状況(待ち時間)、所要時間、見どころは?

2019.06.24

【レポ】クリスチャン・ボルタンスキー Lifetime展:生と死、そしてあなたの存在とは?(大阪→東京→長崎)

2019.02.28

コウスケの日常

ホラノコウスケ
Air Podsのバッテリーが弱ってきた。
新しく買い換える必要がある…?


頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら