常識で説明できない空間:ダニエル・アーシャム 「アーキテクチャー・アノマリーズ」@NANZUKA(渋谷、〜2018/6/30)





アートは作品をギャラリーに「展示」するもの?

アート大好きライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

渋谷のギャラリーNANZUKAにて、ダニエル・アーシャム 「アーキテクチャー・アノマリーズ」を開催中(〜2018/6/30)。
非現実な「空間」を生み出しています。

ダニエル・アーシャム 「アーキテクチャー・アノマリーズ」

まず目に飛び込んでくるのは、人。
いるのか、いないのか。
人の「形」だけがそこにあります。

 

その奥には時計。
壁にめり込んでいます。

 


めり込んでいるのは時計だけじゃなかった。
人も。

常識で説明できない空間

私は作品は「展示」するものという常識を持っていました。
しかしダニエル・アーシャムはギャラリーと作品の境界線をなくしているのです。

壁と作品の境界線がない。
それだけで、何だか美しい。

枠で囲わない。境界線を作らない。
それが、美しい世界を作る。

そんなことを感じた、ホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

展示名:ダニエル・アーシャム「Architecture Anomalies」
場所:NANZUKA
住所:東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷アイビスビルB2F
会期:2018年5月23日(水) – 6月30日(土)
開演時間:11:00-19:00
休館日:日・月・祝祭日
入場料:無料

コウスケの学び

ホラノコウスケ
境界線をなくす。

その他、おすすめの東京のアート情報

ミラクルエッシャー展@あべのハルカス美術館の混雑状況、所要時間、3つの見どころは?【東京・大阪・福岡・愛媛でも】

2018.06.27

【要注意】チームラボボーダレスに行く前に気をつけるべき2つのこと

2018.06.26

唇と冷凍庫の関係。ベルトラン・ラヴィエ「Medley」@エスパス ルイ・ヴィトン東京(表参道、〜2018/9/24)

2018.06.14

今日のひとこと

ホラノコウスケ
身内?でアイデア出しをするつもりが、グイッとブレーキをかけられた気分。
久々にアイデア出しワークショップを開催しようかな?
複数人でアイデア出しするなら、重要なルールとコツがあるんです。
イエスアンド、「拡散」と「収束」。これを使いこなせるだけでずいぶん変わります。
企業研修としてやらせてくれる会社も募集中。
上司・部下のコミュニケーション、会議でのアイデア出しが変わります。


頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら