【詳細】『港都KOBE芸術祭』神戸港がアートだらけ!オススメルートと所要時間を紹介

港都KOBE芸術祭

現代アート大好きライター、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

先日紹介した京都・二条城で『アジア回廊現代美術展』を楽しんだ前日、神戸へも行きました。
港都KOBE芸術祭、これがまたスゴイんです。

所要時間や混雑状況など、詳しく紹介します。

港都KOBE芸術祭とは

会場全体はこんな感じ。
かなり広いので、アート鑑賞船ファンタジー号とポートライナー、そして徒歩で楽しみました。

アート鑑賞船ファンタジー号以外は無料の展示ばかりです。

http://www.kobe-artfes.jp/wp/wp-content/themes/kobe-artfes/img/kaijou_07.png

私が実際にどのように回ったか、紹介します。
この地図この作品紹介を元に、歩き回りました。
マップ&ガイドもありますよ。

アート鑑賞船で神戸と芸術を同時に楽しむ

9/26(火)、神戸ハーバーランドumieで食事をしてからまずは、かもめりあの前へ向かいました。
アート鑑賞船ファンタジー号に乗るためです。

13:00発の船に乗るために、ギリギリ5分前に到着。その場でチケット購入できます。
あとでポートライナーに乗るため、アート鑑賞船とポートライナーのセット乗車券 ¥1,300がお得です(本来は合計1,900円)。

座りたいのなら早めに乗り場へ着いて並ぶのが良さそうですが、景色やアートを見るなら座る必要はないかも。
空いていれば時間ギリギリの乗船でOKです。

  • 平日ダイヤ 10:00、11:00、13:00、14:00、15:00、16:00 合計6便
  • 土日祝ダイヤ 10:00、11:00、12:00、13:00、14:00、15:00、16:00 合計7便

 

さてアート鑑賞船ファンタジー号に乗ると、まず気になったのはこちら。
神戸の詩人の言葉を、神戸の風景に乗せて味わう、とても素敵な作品です。
いくつもあるので、詩と風景を楽しみましょう。

 

船が進むと、不思議な風景。
きれいなガラス玉がたくさん散らばっています。
これは水を生む果実のメタファーなのだとか。
150年の港の歴史、そしてその水の恵みによって命をつなぐ人々が連想されます。

 

さて船内での案内に促され、外を見渡すと巨大コンテナに子供たちの顔。
世界と日本をつなぐ神戸港、その国際交流と未来を感じさせます。

 

さて船の中で、なんとなく不思議な雰囲気の女性たちがいます。
数人が偶然、同じように化粧直ししているなぁ…と思ったら。
港都KOBE芸術祭

それはパフォーマンスでした!
突然、ダンスが始まりましたよ。ビックリ!

アート鑑賞船の旅を45分楽しんだら、次は徒歩です。

メリケンパーク→カフェ休憩→新港第1突堤→神戸ポートオアシス

船を降りると一番近いメリケンパークで花鳥虹によるプレゼンテーションがあります。
が、10月6日(金)~10月14日(土)のみ。10月15日(日)にはパフォーマンスがあるそうです。
私が行った9/26にはなかったのでスルーしました。

船にいただけなのに何となく疲れたので、FISH IN THE FORESTで15:00まで休憩。
FISH IN THE FOREST

森の中を泳ぐような素敵な店内で、ドリンクバーでのんびり。
FISH IN THE FOREST FISH IN THE FOREST

15:00から15分ほど、ゆっくり歩いていたら、新港第1突堤に着きました。
平日のためか人も少なく、のんびりと楽しめました。
360度カメラ・Insta360 ONEでバレットタイム撮影してみました(音が出ます)。

 

写真撮影など楽しみ、10分ほど歩いた15:45、神戸ポートオアシスに到着。
タイヤの付いたフレーム内には、港を象徴する「イカリ」。
このイカリが神戸を旅したのだとか。その写真や映像も展示されています。
イカリが牧場へ行く映像はなかなかシュール。

港都KOBE芸術祭

山村 幸則『旅するイカリ』

神戸ポートターミナル内には時間限定サプライズが

次に向かったのは神戸ポートターミナル。
10分ほど歩いて着いたその入り口には、なぜかミラーボール。
16:15分頃にはなんともなかったのですが…、
藤本 由紀夫『rendez – vous』

16:30頃、太陽が下がってくると建物内に日が差し込み、ミラーボールに反射された光が辺り一面に!
この時間限定の楽しみですね。
360度カメラ・Insta360 ONEで動画撮影してみました(音が出ます)。
以下のリンク先では、ドラッグすると全方向見られますし、拡大縮小もできますよ。

藤本 由紀夫『rendez – vous』

藤本 由紀夫『rendez – vous』

中には他にもARを使うものや映像作品などあります。

神戸空港駅の中にもデッキにも

その後、16:50頃ポートライナーに乗り神戸空港駅へ。

中に入ると、暗闇の中にこんな映像のインスタレーションもありました。
デジタル画像の最も細分化された状態の1ピクセルに物理的な環境や条件を与えてたのだとか。
雪や波などのように動き、静止する様子は、原初的であり、未来的でもあります。

林 勇気『Atom』

林 勇気『Atom』

 

神戸空港ターミナル展望デッキへ出てみると、このように飛行機が離着陸するなか、
港都KOBE芸術祭

逆側に作品が。
え?どれ?と思いました?
港都KOBE芸術祭

作品と空、そして音楽を楽しむことができ、とてもリラックスできます。

 

さぁだいぶ歩きましたが、最後もうひと踏ん張り。
神戸空港海上アクセスターミナルへ向かいます。

18:00に着くと、誰もいませんでした。
工業用酸素ボンベで作られた『ひまわり』、それは震災を機に神戸復興を象徴する花です。

酸素は植物が放出したものであり、それを蓄えるための酸素ボンベが『O2ひまわり』に姿を変え、神戸港開港150年の年号を刻んだ150本がここで咲き誇っています。

 

時間があれば、ポートアイランド北公園へ行ってこちら↓を見たかったのですが断念。
暗くなったので、ポートライナーに乗って戻りました。

http://www.kobe-artfes.jp/artist04/

小曽根 環『shakkei – kobe port』

まとめ

ほぼ全ての作品を見て回ることができました。

  • 11:40〜:ランチ
  • 13:00〜:アート鑑賞船ファンタジー号出発
  • 14:00〜:歩き、カフェ休憩
  • 15:15〜:新港第1突堤
  • 15:45〜:神戸ポートオアシス
  • 16:15〜:神戸ポートターミナル
  • 16:50〜:ポートライナー乗車
  • 17:05〜:神戸空港駅
  • 18:00〜:神戸空港海上アクセスターミナル

これでも一部だけを紹介したもので、実際にはもっと多くの作品が展示されています。
アート鑑賞船ファンタジー号は有料ですが、他の作品を見るのはなんと無料です。

会場それぞれの時間などはここにありますよ。

港都KOBE芸術祭、オススメです。
2017/10/15(日)まで

オススメの関連リンク

小学校がアートだらけ!『アジア回廊現代美術展』@京都芸術センター編

2017.10.04

京都・二条城にアート!?『アジア回廊現代美術展』インスタ映えする作品がずらり

2017.10.03

豊臣秀吉も賞賛!京菓子「真盛豆」が上品で美味しい!おみやげにオススメ

2017.02.20

今日のひとこと

ホラノコウスケ
まだまだ行きたい・見たいアートがいっぱい。
コウスケ(@kosstyle)でした。
港都KOBE芸術祭


頭の使い方を身につけ、人生の幅を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら