【レポ】「イメージと投影」ポーラ ミュージアム アネックス展2018後期(銀座、〜2018.4.22)

 

日常の風景に、アートなアイデアがいっぱい。

アート好きライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

東京・銀座のPOLA MUSEUM ANNEXにて、「イメージと投影」が開催中(2018.3.23-4.22)。
4人のアーティストの作品が展示されています。

村上 亘(Wataru MURAKAMI)

Wataru Murakamiさんの作品は、自分や自分自身を客観視しています。

自分を客観視するには、動画や写真がいい。
たとえば私の場合、住み慣れた自分の部屋を写真に撮って見てみると初めて、「なんて汚い部屋だ」と気づくのです。

冨田 香代子(Kayoko TOMITA)


特に私が心惹かれたのは、Kayoko Tomita さんのこの作品。


母国語の違う9人に同じ映像を見せ、オノマトペ(擬音語・擬態語)で表現してもらう作品。
同じものを見ても、こんなに感じ方・表現が違うのかと。

外国人に対しては「違って当たり前」「違いが面白い」と思える。
なのにどうして日本人同士だと「同じで当たり前」「あなたは何で私と違うの」「どうして私のこと分かってくれないの?」と思ってしまうのでしょう。

今村 綾(Aya IMAMURA)


他にもユニークな作品が空間を作っています。
こちらは今村 綾(Aya IMAMURA)さんの作品。
西洋絵画の「女性とヴェール」の寓意からインスピレーションを得ているとのこと。

古川 あいか(Aika FURUKAWA)


こちらは古川 あいか(Aika FURUKAWA)さん。
毎日同じように布団に出入りするのに、その「しわ」は1つとして同じではない。
その布団のしわをモチーフとして作品を作るとは、とてもユニークです。

まとめ

他にも作品がありますので、ぜひ現地で感じてみてください。
もしかしたら、あなたを投影していると感じる作品があるかもしれません。

展示名:ポーラ ミュージアム アネックス展2018 後期 -イメージと投影-
場所:POLA MUSEUM ANNEX
住所:東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル 3階(銀座一丁目駅 7番出口すぐ)
会期:2018年3月23日(金)-4月22日(日)
開演時間:11:00-20:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:4月16日(月)休館
入場料:無料

今回の学び

ホラノコウスケ
自分の日常にアートを見つける。
コウスケ(@kosstyle)でした。

オススメのアート関連記事

【レポ】「クエイ兄弟―ファントム・ミュージアム」:岡崎市美術博物館とクエイ兄弟の美しいギャップ

2018.04.15

【レポ】『変わる廃墟展 2018 in 名古屋』:「不気味」→「美しい」へ見方が変わった理由

2018.04.10

【レポ】『トラベラー まだ見ぬ地を踏むために』@国立国際美術館(大阪)

2018.04.04

今日のひとこと

ホラノコウスケ
生まれて初めて整骨院へ行った。
痛気持ちよかったし、骨盤のズレを治してもらった。
が、その後2時間カフェでMacBook Proをいじっていたら、肩こりに。
コウスケ(@kosstyle)でした。

頭の使い方を身につけ、人生の幅を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら