「Tokyo Midtown Award 2018」展(六本木、〜2018/11/11):驚きのアイデアがいっぱい!





アイデアが好きだ。

アート大好きライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

六本木の東京ミッドタウン プラザB1 メトロアベニューにて「Tokyo Midtown Award 2018」を開催中(〜2018/11/11)。
ふらっと通りかかる通路に、アイデアあふれる作品の数々が展示されているんです。

「Tokyo Midtown Award 2018」

 

ユニークな作品がいっぱい!

青沼 優介《息を建てる/都市を植える》

青沼 優介《息を建てる/都市を植える》

これ、分かりますか?

青沼 優介《息を建てる/都市を植える》

そう。すべて、たんぽぽの綿毛でつくった都市なんです。
ビックリ!

アーティスト青沼 優介さんは、たんぽぽを育てることからしているのだとか。

 

このアイデアも面白い。

一粒だけ、お米がくっついているようなお椀です。
その名も「ONE(ワン)」。シャレがきいてます。

 

《ぺこぺこストロー》

これも面白いですね。
ちょっとしたことですが、日常を楽しくしてくれそう。

 

《猫に小判》

これにはヤラレタ。
猫のエサなんですよ。

 

《nipple invisible》

《nipple invisible》

これ、Tシャツを着てて乳首が目立つのをごまかすために、それっぽい突起をTシャツにデザインとしてたくさんつけているというもの。
冗談っぽいけど、実用的!?

まとめ

ぜひ現地で見てください。他にも色んな作品がありますよ。

受賞作品を見ると、どれもそのアイデアにお笑い的要素が感じられます。
新しいものを生み出すには「ユーモア」が大事。

アートも音楽も文章も、「アイデア」に惹かれるホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

展示名:Tokyo Midtown Award 2018
場所:東京ミッドタウン プラザB1 メトロアベニュー
会期:2018年10月19日(金)~11月11日(日)
入場料:無料

ここから学べる発想のヒント

ホラノコウスケ
無意味に思える思いつきを、形にするとしたら?

その他、東京のおすすめアート情報

「ムンク展―共鳴する魂の叫び」(上野):叫びの秘密、見どころ、空いてる時間・混雑状況は?

2018.11.06

梅沢和木 + TAKU OBATA 「超えてゆく風景」展@ワタリウム美術館(外苑前、〜2018/12/2)

2018.10.08

光をどう表現する?ジャッキー・サコッチオ「堪えがたいほどの光」展@THE CLUB(銀座、〜2018/11/10)

2018.10.05

コウスケの日常

ホラノコウスケ
読書しまくる日をつくろうか。
読書の秋。


頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら