自宅でアート映画!『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』:ニューヨーク市民がアートに操られる!

日本だとどうなるだろう?

1年で536展のアートを巡ったライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

いつもなら月にいくつもアート展を見に行くのですが、今は新型コロナの影響で見に行くことができません。
それで、自宅でたくさんアート映画を見ています。

今回紹介するのは、映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』

突如、バンクシーが毎日ニューヨークのどこかに作品を発表し始め、ニューヨーク市民たちはそれに翻弄されます。

映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』

2013年10月1日、バンクシーがニューヨークで展示をスタートさせた。
告知もなく突然始まったその展示は、毎日1点ニューヨーク各地の路上に作品を残し、場所を明かさず公式サイトに投稿。人々はその作品を求めてニューヨーク中を駆け回るという、ストリートとインターネット上の両方で勃発した「宝探し競争」だった。

映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』公式サイト

Webに投稿される情報をもとに、ニューヨーク市民は必死にバンクシー作品を街で探します。
バンクシーファンはもちろん、そうでない人も。

アート、野心、嫉妬、生活、金…。

様々なものがうずまくリアル。
私なら、どうするだろう…?

それぞれの視点、宝探しのゆくえ

これは「宝探し」。
アートファンにとっては、壁に描かれた「らくがき」はすぐに消されてしまうかもしれないから必死です。
一方、バンクシー作品を金に変えようという輩もいます。

そういう市民の反応も作品の一部。
そうバンクシーがあざ笑うかのようです。

ニューヨークは大混乱。逮捕者が出たり、人混みができたり。
ニューヨーク市民がバンクシーに操られれているのです。

日本でこれがもし起きたら?

おそらく私も毎日探すでしょう。必死に。
「期間限定」のバンクシー作品をこの目で観たいのです。

日本では、壁を切り取ったりする輩はあらわれるでしょうか?

ニューヨークでは、バンクシー作品の描かれた壁を切り取ったり、作品を持ち運んだりして、オークションに出す輩まで現れるのです。

視点を動かすということ

もしバンクシーじゃなければ、ほとんど注目されないらくがき。
ところがバンクシーだと、ニューヨークが大混乱。
面白い現象です。

名古屋・星ヶ丘駅で私が仲間と開催した写真展

私が名古屋の地下鉄駅構内で写真展を開催したときは。
ほとんど誰も、見向きもしませんでした。
たくさんの人が、そこを歩くのに。

私は無名ですから、皆が興味ないのはしかたありません。
目を留めたが興味ない、ならそれも良し。
ところが、私の作品は彼らの目に入ってすらいない様子。
駅を歩く人たちにとってそこは単なる通勤・通学ルートなのです。

駅や街中に、著名なアーティストの「パブリックアート」はいくつもあります。
私たちの身の回りの、あそこや、そこにも。

あなたはそれをじっくり鑑賞したことがありますか?
もしかしたら、気づきすらしていないかもしれません。

日常の中にある「なにか」に気づくこと。
それは心の余白を持つことなのか。
アンテナを張り続けることなのか。

バンクシーはただニューヨーク市民を弄んだわけではありません。
バンクシーはアートによって問題提起します。
人々が目をそらしていたり、気づいていないことに目を向けようとしているのです。

視聴方法は?

Amazonプライム↑ほか、iTunesなどでも鑑賞できます。

神戸の『港都KOBE芸術祭』群馬の中之条ビエンナーレ2019など、美術館以外で開催されるアート展を思い出した、ホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

あ。3月に鑑賞したバンクシー展も最高でしたよ。

【感想】『バンクシー展 天才か反逆者か』混雑状況、場所、所要時間、見どころは?

2020.03.25

ここから学べる発想のヒント

ホラノコウスケ
あなたの身の回りにあるのに、今まで目を向けなかったアートはどれ?

その他、おすすめのアート映画

家でアートな映画を観よう!『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』

2020.04.23

映画『顔たち、ところどころ』:年の差54歳のフランス人アーティスト二人旅が生み出したものとは?

2018.12.10

コウスケの日常

ホラノコウスケ
いまだにブログとnoteのうまい棲み分けが思いつかなくて、noteを放置している。
けど、再開するかなぁ?

頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら