ベッキー『アートには「正しい・正しくない」のジャッジがない。こんなに自由でいられる場所があるんだ』





本当の自分でいられる感じが、最高なんですよね。
私は絵に救われたから、本当に

そう語るベッキーさんは、タレント業と並行してアート活動も精力的に行っています。

先日放送されたTV『ベッキーと未知との対話』で、ベッキーさんを中心にこの日初めて顔を合わせるあまりに異なる6人が、巨大な絵を描き上げていきました

東京オリンピック・パラリンピックを目前に、「ダイバーシティ」という言葉が広く使われるようになりました。
あらゆる価値観が混ざりゆくこれからの時代。

以下の個性を持った6人が、どんな絵を描いていくのでしょう?
そしてそこで起こったことは…?

2018年だけで326展のアートを巡ったライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)が紹介します。

6人で、1つの絵を描く

参加者は、

  1. 大学生で演劇を主宰する視覚障害者の関場理生さん。
  2. 手話講師を務める聴覚障害者でLGBTのかえでさん。
  3. 3年前に歯肉がんを患った80歳の原田泉さん。
  4. アメリカで生まれ、現在は日本の大学で英語を教えているディラノさん。
  5. 車椅子ジャーナリストとしてマイノリティの取材を続ける徳永啓太さん。
  6. ハーフでタレント、アート活動もするベッキーさん。

ベッキーさんも、どんなメンバーが来るのか知らないままの会場に、一人ひとりがやってきます。
それを受け入れ、6人が揃いました。

もし仲の良い6人で1つの絵を描くのだとしても、話をまとめるのが大変でしょう。
それを初対面で、さらにはかなり背景の異なる6人で行うのですから、まさに未知。

制限時間は22時間。
台本も筋書きもない中で、ベッキーさんを中心に6人が正解・不正解のないアートと向き合います。

描きたいテーマを議論し、絵を描き、同じ食卓を囲み、朝起きてまた作業。
いったいそこで、何が生まれるのでしょうか?

ダイバーシティとは

じゃあ、自己紹介をしましょう。私からいきます

ベッキーさんもメンバーに驚きながらも、ジェスチャーや筆談を交えながら、まずは自己紹介。

それに対し、視覚障害者の関場理生さんがこう言います。

もっと背が高い方かと思っていたんですけど

これにベッキーさんが驚きます。

えー、面白い!声で身長を想像するんだ!

 

次にベッキーさんが驚いたのは、隣においてあるスマホ。

すごーい!私が喋ったことが文字になってる!

聴覚障害者のかえでさんは、UDトークというスマホアプリで、ベッキーがしゃべることを「読んでいた」のです。

じゃあ、ゆっくりしゃべりますね

こんなふうに、コミュニケーションが進んでいきます。

ベッキーさんが他のメンバーに気を配る様子を見てか、他のメンバーも周りを配慮しながら、対話が進みます。
筆談したり、手話を見て「あぁ、これが『好き』ね」と理解したり。

 

興味深かったのは2点。

  • ベッキーさんは相手を知ろうとする
  • ベッキーさんから話す

 

そういう企画だから、というのもあるかもしれませんが、ベッキーさんは絵の制作に入る前に互いを知ろうとします

ご病気のお話を伺っても良いですか?

耳はいつから聞こえないんですか?

人によっては聞きにくいかもしれない質問も、気を遣いながら聞きます。

 

障害との向き合い方、年齢を重ねる意味、結婚の話、絵を通して伝えたい思いなども話しながら、徐々に心を開いていく6人。
ベッキーさんも、アートとの出会いや、過去にハーフであることで心ない言葉を投げ掛けられた体験など、自身のことも包み隠さずに話します。

アートには「正しい・正しくない」のジャッジがない

ベッキーさんの以下の言葉が印象的でした。

例えば私がテレビに出る。
そうすると、私の発言が「正しかった・正しくなかった」でジャッジされてくる。

でもアートは、「正しい・正しくない」のジャッジがない。
こんなに自由でいられる場所があるんだっと思って、絵を描き始めました。

一番自由なのは絵描いてる時です。圧倒的に

(この企画で)誰一人として、私の思い通りに描いてくれてないのが面白い。(中略)

あなたはどう感じますか?

私ホラノコウスケ(@kosuke_art)は、2018年だけで326展のアートを巡りました。
そんなにもアートにハマる理由は、「自由だから」です。

  • こういう絵画が絶対に良いもの
  • こんな彫刻が世界で評価されている

そんなのは、どうでも良いんです。

他者の評価なんて気にせず、自由に鑑賞し、好きに感じたらいい。
好きなものは好き、嫌いなものは嫌いで良いんです。

 

現代アートについてよく、

意味がわからない

と聞きます。

私は、分からないから面白いと思っています。
美術館、アートギャラリーへ行くと、ワクワクするんです。

この発想はなかった!
なんでこんなこと思いつくんだろ!すごい!

そんな、自分とは違いすぎる考え・アイデアに触れられるのですから。
作家側も、鑑賞側も、自由なんです。

自分にない視点に出会うと、脳の地図が広がる感じがするんです。

Points of You®でジャッジしない世界を体験・学べる

POINTS OF YOU

これは、Points of You®コーチングゲームのカードです。
私はそのマスタートレーナーとして、全国でカードを使ったワークショップや養成講座をしています。

このカードの顔、男性だと思いますか?それとも女性?

これは何をしているのでしょうか?

この手は、誰の手ですか?
顔の人の手?他の人の手?

同じカードを見ても、人ぞれぞれ感じ方・捉え方が全く違うんです。
それを楽しめるのが、Points of You®コーチングゲーム。

正解を競うものではないんです。そこがアートと同じ。
カードを見て「あなたはAと思うんですね、私はBと思うんです」で良いのです。

1対1セッションやワークショップではさらに深い体験ができ、

  • 心を開いてコミュニケーションする
  • いつもと違う発想をする
  • 人それぞれ価値観が違うことを体感する

なんてことが、簡単にできます。

このPoints of You®コーチングゲームは、アート思考だなと感じています。
どう解釈しても自由、「正しい・正しくない」のジャッジがない。

アートもPoints of You®も、自分が出発点なのです。
自分は何を考え、自分はどうしたいのか、それを表現するものですから。

「正しい・間違い」ではなく、「違い」を楽しむ

私は会社員時代、浮いた存在でした。

会議でみんながAといえば、私はBやCを探しました。
みんながAと言う場で私もAと言うのなら、私がそこにいる意味がないと感じていたのです。
しかし、そういう私は煙たがられました。
そうですよね。みんなと違う意見を言うのですから。

しかし逆に、私は自分と違う意見を聞くのが楽しいと感じます。
ブログを14年書いていますが、多くの方に読んでもらえるようになると、ネガティブなコメントがつくことが頻繁にありました。
それに凹んでしまう人もいます。
しかし私は割と面白がっていました。

こんな考え方をする人もいるのか!

その発想はなかった!

自分と違う考え方に触れたとき、自分の思考の海が大きく広がる気がするのです。
それは、アートに触れたときと同じ感覚です。

 

「自分が正しい」という考え方を捨て、いろんな選択肢を手に入れてみませんか?
ホラノコウスケ(@kosstyle)でした。

ここから学べる発想のヒント

ホラノコウスケ
「自分とは合わない」と感じる人は誰?その人から何を学ぶ?

その他、関連記事

アーティストのように生きる。2019年もよろしくお願いいたします

2019.01.07

人のアイデアを殺すな。会議・アイデア出しが劇的に変わる「拡散思考」と「収束思考」

2018.07.19

仕事や人生の課題を解決する「アイデア」を生み出すコツ

2018.06.29

コウスケの日常

ホラノコウスケ
楽しんで頑張っていたら、報われた。かも。
いや、もっと頑張らなきゃだけど。

頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら