【レポ】大人気『フェルメール展』で衝撃を受けた3つのこと&オススメ情報(大阪、〜2019/5/12)

フェルメール展@大阪市立美術館




食わず嫌いはいけない。

2018年だけで326展のアートを巡ったライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

大阪市立美術館にて、フェルメール展が開催されています(〜2019/5/12)。

正直、私はこの手のアートは好みではありません。
しかも東京では「日時指定入場制」にもかかわらず激混み、さらにはチケットが高いと聞き、避けていました。

しかし「なぜそんなに人気なのか」に興味がわいたんです。
そんな私がフェルメール展へ行き、衝撃を受けた3つのことを紹介します。

1. 現存する35点のうち6点も大阪に!

フェルメール展@大阪市立美術館

入場後、第1章から

フェルメール作品はどこ?どこ?

と探し続けました。しかし、ないんです。
他の作家の作品ばかり。

探しても、探しても、ない。

最後の第6章でやっとフェルメール作品に対面した時は、それだけで嬉しくなってしまいました。
本展にある全49点のうち、フェルメールの作品はたった6点のみなのです。ビックリ。

そもそも現存するフェルメール作品は世界に35点しかないのだとか。

本展の全49点のうち、フェルメールの作品はたった6点だけ。
しかし、世界に35点しかないフェルメール作品のうち6点がここにあると考えれば、全く見え方が変わってきますね。

2. あの《牛乳を注ぐ女》が大阪展にはない

しかし一番驚いたのは、あの《牛乳を注ぐ女》が大阪展にはないこと。
私、フェルメールといったら

  • 《牛乳を注ぐ女》
  • 《真珠の耳飾りの少女》

しか知らないのに…。

しかし代わりに、大阪展のみ《恋文》があります。

さらに、《取り持ち女》は、東京では期間限定。
大阪は全期間を通して展示されるんです。
これ、門外不出といわれるかなり貴重な作品なのだそうですよ。

それでも。

《牛乳を注ぐ女》が見たかった。そんな方は、以下にオススメの方法を2つ紹介しておきますので、最後まで読んでみてくださいね。

3. 東京は2,700円もしたチケットが大阪は1,800円

フェルメール展@大阪市立美術館

静謐な作風と、特徴的な光の表現で知られ、世界中を魅了する17世紀オランダの画家、フェルメール。本展では、そのフェルメールの作品を、同時代のオランダ絵画とともに紹介します。現存するフェルメール作品は35点ともいわれていますが、本展では日本初公開となる「取り持ち女」など6点が集結。(中略)
西日本では過去最大規模のフェルメール展となります。

みどころ | フェルメール展 Osaka

繰り返しますが、現存するフェルメール作品たった35点のうち6点も大阪で見られるんです。
かなり貴重な機会ですね。

貴重なためか、東京では入場料が2,700円もしました。
ところが、大阪は1,800円。
900円も安いんです。

なんだか得した気分ですね。

どうしても《牛乳を注ぐ女》が見たい方へ

大阪で《牛乳を注ぐ女》を楽しむ2つの方法があります。

(1) グランフロントでデジタルアートを楽しむ

グランフロント大阪のThe Lab.へも合わせて行くことをオススメします。

PLAYWARE アルゴリズムでつくる遊び展』(〜2019/3/31)の中に、フェルメール展にはない《牛乳を注ぐ女》を色んな距離・角度から見られるデジタルアートがあるんです。

(2) モリムラ@ミュージアムでフェルメールの絵に「なる」

森村泰昌さんといえば、名画や往年の映画女優・偉人などに自らが扮した写真作品を手がけ続けています。

モリムラ@ミュージアムではなんと、あなたもフェルメールの絵に「なる」ことができるんです(〜2019/6/30)。
フェルメール作品そっくりのセットがあり、そこで撮影できるというわけです。

さらに日曜は特別企画として、上の動画のように専属スタッフ「チーム・モリムラ」の写真家とスタイリストが、フェルメールの絵の登場人物になるお手伝いをしてくれるのですが、こちらはチケット完売のようです。

【まとめ】開演時間・空いてる時間帯・場所・休館日など

大阪の『フェルメール展』で衝撃を受けた3つのことと、オススメ情報でした。

ん?フェルメール作品を見た感想?
フェルメール・ブルーがどうとか、そういった話は評論家さんの記事などチェックしてください。

ただ、一枚の絵にもかかわらず、じっくりと眺めているとストーリーを想像させるのが面白い。
そう感じた、ホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

展示名:フェルメール展 Osaka
場所:大阪市立美術館
アクセス:天王寺駅から徒歩
住所:大阪市天王寺区茶臼山町1-82
会期:2019年2月16日(土)~5月12日(日)
開演時間:9:30~17:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(2月18日、25日、3月4日、11日、18日)
入場料:一般1,800円、大学・高校生1,500円

ここから学べる発想のヒント

ホラノコウスケ
あなた自身、あるいはあなたの商品・サービスの「希少価値」を高めるには?

その他、関西のおすすめアート情報

永遠はあるのか、ないのか。「草間彌生 永遠の南瓜展」(京都・祇園、〜2019/2/28)

2019.01.23

あなたのヒーローは誰?「Oh!マツリ☆ゴト 昭和・平成のヒーロー&ピーポー」展(神戸、〜2019/3/17)

2019.01.22

マリメッコ・スピリッツ展(岐阜県多治見、〜2019/2/24):大阪(2019年7月)、山口(2019年4月)も!

2019.01.20

コウスケの日常

ホラノコウスケ
夏までに痩せよう。うん。

フェルメール展@大阪市立美術館

頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら