街の人々をハッとさせる、エル・ボチョ「GOLDEN TIMES」(中目黒、〜2018/11/25)

エル・ボチョ「GOLDEN TIMES」




最近一番驚いたのは、どんなときですか?

アート大好きライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

中目黒の104GALERIEにてエル・ボチョ「GOLDEN TIMES」を開催中(〜2018/11/25)。
ギャラリーが2ヶ所あるのですが、もうひとつ、ある目的があったんです。

エル・ボチョ「GOLDEN TIMES」

エル・ボチョ「GOLDEN TIMES」

GOLDEN TIMES ー それは、個々の自己意識と誰もが有するであろう人生の黄金期。彼の作品に豊かに描かれた思想の爆発は、その黄金の輝きを想起させるのです。大胆に描かれたキャンバス、または街の外壁から、驚きと感動を与え人々を魅了するエル・ボチョは、常にストリートアーティストとしての自らのアイデンティティに忠実であるのです。

GOLDEN TIMES | 104GALERIE

 

エル・ボチョ「GOLDEN TIMES」

ポップな女子の絵に、どこかロマンチックなストーリーや、切なさを感じませんか?

ストリートアーティストであるエル・ボチョはこうした街の外壁に貼り付け、人々をハッとさせます。
これはそれをイメージした作品。

しかし、もっとハッとさせられる作品があったんです。

目黒川に、まさかのアレ

エル・ボチョ「GOLDEN TIMES」

何より皆がハッとさせられたのは、目黒川に設置した巨大な魚の骨!
最高ですね。

見たかったのに、私が行ったときには残念ながら撤去されてしまっていました区か、警察か?)。
シャレのわかる人たちなら、むしろそれをネタに地域の話題作りをしたら良いと思うのですが、そうもいかないのでしょうか…。

このアイデアが好き過ぎる、ホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

【まとめ】場所、時間など

展示名:EL BOCHO「GOLDEN TIMES」
場所:104GALERIE(2会場あり、代官山・中目黒から徒歩圏内)
会期:2018年10月12日(金) – 11月25日(日)
開演時間:12:00-20:00
休館日:日・月、ただし最終日11月25日(日)は開廊
入場料:無料

ここから学べる発想のヒント

ホラノコウスケ
得意なことで、周りの人をハッとさせるには?

その他、東京のおすすめアート情報

体内とアレの中へ入る勇気。ナタリー・クラーク「曲線の中へ」(〜2018/11/26)

2018.11.23

不思議な映像に思わず見とれる。チェン・ラン「The Lament: Mountain Ghost」展(六本木、〜2018/11/24)

2018.11.16

名和晃平「Biomatrix」展(上野・日暮里、〜2018/12/8):元銭湯にある異様な水泡とは…?

2018.11.08

コウスケの日常

ホラノコウスケ
渋谷ストリームへ初めて行った。
それにしても渋谷はややこしい。
そして街が汚いな。
エル・ボチョ「GOLDEN TIMES」

頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら