マインドマップが『モヤモヤさまぁ~ず2』で紹介されました

 

意外すぎて、ビックリ!

マインドマップ®・インストラクターのホラノコウスケ(@kosstyle)です。

2017/11/5のTV『モヤモヤさまぁ~ず2』で、マインドマップ®が取り上げられていました。
マインドマップ®と、さまぁ〜ず。
この意外すぎる組み合わせが、こんなふうに線でつながったんです。

マインドマップ®とは?

番組では、さまぁ〜ずが江東区・砂町周辺を裏ぶらり散歩。
カフェと間違えてセミナールームに入ったことで、マインドマップに出会います。

番組では、マインドマップ®についてこう説明していました。

中央のテーマから放射線状に関連事項を書く整理術。
課題解決方法としてビジネスから一般まで広く使われる。

さまぁ〜ずのお二人も興味津々で、こう言っています。
…いつも通りの適当な感じですが(笑)。

マインドマップ®で情報整理

新たな企画タイトルを、マインドマップ®で考えよう!というのをやっていました。

たまたまこの講師の方がネーミングを研究してマインドマップ®にまとめており、それを見てタイトルを考えるというもの。
つまり、マインドマップ®をかいて考えるのではありませんでした。

その中身は…、まさかの下ネタだったので自粛。

かいて考えるのがマインドマップ®の大きなメリットですが、このネーミングの件のように、他にも

  • 仕事の手順
  • 持ち物
  • チェックリスト

など情報をマインドマップ®に整理しておくと、いざというときに役立ちますよ。

マインドマップ®で問題解決

最後に、マインドマップで問題解決に挑戦していました。
福田アナの課題「自信をつける」について、マインドマップで考えていきます。

講師の質問に答えながら、福田アナが課題解決のヒントを自分で見つけていきます。
これは「コーチング」という、別のスキルを使っているようにも感じます。

とはいえ、マインドマップ®で課題を見える化することで、解決のヒントが見つけやすいですね。

マインドマップ®について重要なこと

マインドマップは、色やイメージを使ってカラフルにかくものです。

今回の番組のように黒一色でかく「ミニマインドマップ」という方法もありますが、それは限定的な方法。
私が黒一色だけでマインドマップ®をかくのは、美術館の中くらいです。
美術館では、鉛筆しか使ってはいけないからです。

美術館内でかいたもの。マインドマップ®はあくまで「メモ」。

絵を描くのが苦手?

いやいや、ニコニコマークくらい描けますよね?
棒人間くらい描けますよね?

カラーペンを持ち歩けない?
色をいちいち変える余裕がない?
いやいや、4色ボールペンなら一瞬ですよね?

絵が苦手な方こそ、描いてみてください。
いつもと違うことをすれば、いつもと違う頭の使い方ができるんです。

脳をフル活用したければ、色やイメージは必須。
中心には、文字ではなくイメージ(イラスト)を描きます。
例えばこんな感じです。

高密度化仕事術

また、人にかいてもらうだけでなく、自分でかいて活用するものです。

こちらは2017/11/3東京で私が開催した、1冊50分のマインドマップ・リーディングという読書講座の様子。
ホワイトボードにもカラフルにかきます。

こちらは同じ日の受講者さんの様子です。
誰でも、すぐにこんなふうにかくことができます。

色やイメージを多用してマインドマップ®をかくと、あなたの脳をフル活用できます。

そうすれば記憶や発想、情報整理にも、とても良い効果がありますよ。
詳しくはこの本を読んてみてください。

まとめ

マインドマップ®って、とても楽しいんです。
楽しみながら頭を使い、アイデア発想したり、記憶したり、情報整理したりできます。

「楽しい」っていうのが大事です。
楽しかったら、もっとかきたいじゃないですか。
そうやってマインドマップ®を楽しんで普段から使っていれば、意識していなくても自然と脳をフル活用できるんです。

楽しむためには、色やイメージをたくさん使うことが大事です。
私の講座で「絵が苦手」という方も、やってみると夢中で絵を描き、色を塗っていましたよ。

あなたもぜひ、マインドマップ®を活用してみてください。
…残念ながら、三村さんはマインドマップ®より猫ちゃんに夢中でしたが(笑)。

関連リンク

マインドマップをあの女芸人も活用!?DaiGo、EXILE、厚切りジェイソンだけじゃなかった!

2017.07.24

「絵を描くのが苦手」な人こそマインドマップを活用すべき3つの理由

2017.02.24

これは要チェック!マインドマップ・インストラクターが愛用する文房具7選

2017.01.24

今日のひとこと

ホラノコウスケ
この番組を見て、この記事を書き、自分がどれだけマインドマップ®が好きで、研究してきて、こだわりが強いか。それにあらためて気づきました。
コウスケ(@kosstyle)でした。


頭の使い方を身につけ、人生の幅を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら