マインドマップに最適なカラーペンはどれ?認定インストラクターが教えます





トニー・ブザン公認マインドマップ・インストラクター、ホラノコウスケ(@kosstyle)です。

頭が良くなるノート術、マインドマップ®。
カラフルに言葉と枝を描いて、発想や記憶、情報整理などする手法です。

マインドマップ®といえば、カラーペンでかくのが定番。
世の中にはたくさんの種類のカラーペンがありますが、いったいどれが最適でしょう?

今回は5種類を実際に試した結果を、以下にまとめました。

メジャーなカラーペンを比較

簡単な比較は以下の通り。
個人的にいちばん気になるのは、ペン先のサイズなんですよね。

マインドマップ®によく使われるカラーペン、そして似ているものも合わせて比較してみます。

ペン 特徴
ピュアカラーF 0.8mm 0.4mm バランス良く
一番人気
ピュアカラー 1.2mm 0.6mm Fより太く
細かくかけない
プレイカラー2 1.2mm 0.4mm 2番目に
オススメ
プレイカラーK 0.8mm 0.3mm A4にかくには
細すぎる?
トリプラス
ファインライナー
なし 0.3mm 細のみ。
インクが乾かない

結論から言うと、私のオススメは以下の順。

  1. ピュアカラーF
  2. プレイカラー2
  3. トリプラスファインライナー

それぞれをさらに詳しく紹介していきます。

1. 一番人気!?「ピュアカラーF」

中字丸芯(線幅0.8mm) / 細字角芯(極細0.4mm)。

インストラクターの間でも人気なのはこれ。
私もこれが一番好きです。しかし、

  • 細いほうのペン先がつぶれやすく、寿命が短い
  • 店頭で手に入りにくくなっている

という問題があり、悩ましいところ。
ペン先がつぶれた場合、新たに買い足そうとしても店頭にないことが多いのです。

2. Fよりやや太いペン先の「ピュアカラー」

中字丸芯(線幅1.2mm) / 細字角芯(線幅0.6mm)。

上記1のピュアカラーFより太く、細かく描くことには適していません。
A4用紙にマインドマップをかくには向かないかもしれません。

しかし、カラーペンには珍しくライトオレンジ(肌色)があり、人を描いたときなど便利です。

3. ピュアカラーFより太芯が太めの「プレイカラー2」

太書き用繊維芯(1.2mm)、極細プラ芯(0.4mm)。

2番目にオススメです。
量販店なら、バラ売りもしているお店があります。
しかし太芯で細かくかくのは難しいかもしれません。

4. 細芯がかなり細い「プレイカラーK」

太字(0.8mm)・超極細(0.3mm)。

A4用紙にかくには、ちょっと細いかな?という印象。
細かくたくさんかきたい方にはオススメです。

5. オシャレで便利だが太芯なしの「トリプラス ファインライナー」

0.3mmのみ、10色セット。

「グッドデザイン賞」を受賞したオシャレなルックス。
キャップを閉め忘れても約2日間は乾燥を防いでくれます。

細かくかけて便利ですが、逆に太く描けないため、インパクトを作るのが難しい。

まとめ

マインドマップ®をかくことにおいてはピュアカラーFがベストか、というところです。

しかし、先に紹介したように

  • ペン先がつぶれやすい
  • 手に入りにくくなっている(アマゾンでは手に入る)

を我慢する必要がありますね。

あとは好み次第。
あなたはどのカラーペンが気になりますか?

オススメのマインドマップ®関連記事

マインドマップが『モヤモヤさまぁ~ず2』で紹介されました

2017.11.06

プロがオススメする!マインドマップを学ぶための必読本2冊

2017.06.26

これは要チェック!マインドマップ・インストラクターが愛用する文房具7選

2017.01.24

今日のひとこと

ホラノコウスケ
ブログネタがたまりまくり。
今年はアウトプットしまくりたい。
コウスケ(@kosstyle)でした。

ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら