AIによる自動描画スゴすぎ!下手な絵もキレイに変える「AutoDraw」はイラスト練習に良いかも

 

マインドマップ・インストラクターのホラノコウスケ(@kosstyle)です。

マインドマップ講座をするとたいてい、「絵を描くのが苦手なんです」という方がいらっしゃいます。
しかし、人工知能(AI)を使えばあなたも簡単にキレイなイラストが描けちゃうんです。

そんな夢のようなツール、「AutoDraw」の紹介です。

適当に輪郭をかけば候補が表示される

「AutoDraw」はGoogleからリリースされたツール。

一番の特徴は、人工知能を活用した「AutoDraw」機能。
ざっくりと輪郭線やイメージを描けば、描きたいイラスト候補が表示されます。

例えば、ピースを描いてみると、上の「Do you mean」のあとにイラスト候補が並んでいます。

そこで、候補から理想のイラストを選んでみると、描き変わった!

同様に、ノートパソコンを描こうとしたら、もうこの時点で候補にノートパソコンのイラストが!

クリックしたら、ご覧の通り。

本を描いてみると…、この通り。

色も変えられます。
カメラを描こうとしたら…、こんな感じに。

iPhoneでもできる!

パソコンだと描きにくいですよね。

でも大丈夫。iPhoneでも使えるんです!

保存、シェアなどの機能もあり

もちろん、色を変えたり、テキストを入れたり、塗りつぶしたりできるほか、

描いたイラストを保存したり、SNSにシェアしたりできます。

まとめ

これは、イラストの練習に便利かも。

描きたいイラストをざくっと描いてみて、自動描画したものを参考に、また描いてみる。
どんどんイラストが上手くなりそうです。

今日のひとこと

ホラノコウスケ
部屋の片付けをしたいのだけど…、したいのだけど…。
コウスケ(@kosstyle)でした。


頭の使い方を身につけ、人生の幅を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら