オシャレで遊びのあるグラフィック:『ポーラ・シェア:Serious Play』展(銀座、〜2019/3/25)

見た目って、大事です。

2018年だけで326展のアートを巡ったライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

人間だけじゃなく、見た目が価値を決めるものも多いですね。
東京・銀座のギンザ・グラフィック・ギャラリーにて、『ポーラ・シェア:Serious Play』が開催されています(〜2019/3/25)。

こんなに素晴らしい作品たちに囲まれ、うっとりしてしまいます。

『ポーラ・シェア:Serious Play』

ここは東京・銀座駅から徒歩5分。
黒にピンク文字の印象的なポスターが目印。
『ポーラ・シェア:Serious Play』です。

シェアは、1970年代のデビュー当初から音楽業界でその頭角を現し、鮮烈な印象を与えるアルバム・カバーの数々を世に送りだしました。その後、世界最大級のデザイン会社ペンタグラムの一員となり、ニューヨーク中に旋風を巻き起こすこととなるザ・パブリック・シアターの仕事をはじめ、広告、ロゴデザイン、環境デザインなど、質量共に充実した実績を残してきました。(中略)
今現在でもマンハッタンの街を少し歩くだけで、驚くほどあちらこちらでシェアのデザインワークに出くわします。

本題Serious Play (シリアス・プレイ) -[本気]の[遊び]は、シェアにとってまさしくデザイナーとしての目標のような言葉です。本気⇒まじめ⇒ありきたり⇒死ぬほど退屈⇒再発見がシェアの仕事のサイクル。つまり、[本気]が[まじめ]に移行した時点で[遊び]が消えてしまい、次の境地を探す旅がまたはじまるのです。

ポーラ・シェア:Serious Play | ギンザ・グラフィック・ギャラリー

実際にどんな展示なのか、ざっと見ていきましょう。

ド派手な地図アート

中へ入ると、ド派手な地図がたくさん展示されています。

たとえばこれ。よ〜く見ると…。

これ、東京の地図なんです!
細かいところまで路線図が描かれています。

飾ってオシャレな、遊び心ある地図は、見る楽しみがあります。

ポスターデザインもクールすぎる

一方、地下へ降りるとポスターがズラリ。

どれもこれも、「遊び(Play)」を感じます。

思わず目を引きますね。

「一緒に楽しもうぜ」と言わんばかりのポスターも。
思わず気になってしまいます。

まとめ

他にも多数展示されています。

アートにも人生にも、「本気の遊び」が大事。
会議室で唸ってるときより、友達をだまそうと作戦を練るときの方が、アイデアが出るものです。

いつも心に遊びを。
ホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

展示名:ポーラ・シェア:Serious Play
場所:ギンザ・グラフィック・ギャラリー
アクセス:地下鉄/銀座線、日比谷線、丸ノ内線「銀座」駅から徒歩5分
住所:東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F/B1F
会期:2019年02月04日(月)~03月25日(月)
開演時間:11:00am-7:00pm
休館日:日曜・祝日
入場料:無料

ここから学べる発想のヒント

ホラノコウスケ
あなたが今までよりもう少し「デザイン」「見栄え」を気にしたほうが良いものは何?

その他、東京のおすすめアート情報

【レポ】毎日、時間限定で繰り返される美しい時間。「ピアニスト」向井山朋子 展(銀座、〜2019/2/28)

2019.02.13

デザインの本質を読み解く!?大原大次郎 + 田中義久「大原の身体 田中の生態 」展(新橋、〜2/14)

2019.02.13

演技も個性的だが、絵も独特:「TADANOBU ASANO 3634 浅野忠信展」 (外苑前、〜2019/3/31)

2019.02.11

コウスケの日常

ホラノコウスケ
納豆は、たれと卵としょうゆとをぐるぐる混ぜてから、ご飯と完全に混ぜて食べる。
たぶん変わってるんだろうけど、昔からそうしていたなぁ。


頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら