【レポ】毎日、時間限定で繰り返される美しい時間。「ピアニスト」向井山朋子 展(銀座、〜2019/2/28)

そんなの、アリ!?

2018年だけで326展のアートを巡ったライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

東京・銀座のメゾンエルメスフォーラムにて、「ピアニスト」向井山朋子 展が開催されています(〜2019/2/28)。

なんとエルメスのアートギャラリーで、毎日毎日ピアノ演奏が行われているんです。
それも、驚くような形で。

「ピアニスト」向井山朋子展

オランダ・アムステルダムに拠点を置くアーティスト、向井山朋子を紹介いたします。(中略)
たった一人の観客のためのコンサートや、舞台上に鑑賞者が上がることで成立するパフォーマンスなど、従来の形式にとらわれない制作に挑戦する向井山の根底にある関心は一貫して、音楽が演奏される空間とそれに関わる人びと、演奏者や観客が音楽をどのように受け止め、またその空間を知覚するかの問いかけです。

今回、2月5日から28日まで連続するピアノのパフォーマンスをベースとした展覧会「ピアニスト」は、自然と人間の時間を律する立春から始まります。ピアノの森のインスタレーションの中で、演奏は毎日行われ、前後の時間を含めた数時間だけオープンします。日々、1時間ずつの時差を伴う環境の中で、いつもとは異なる時間が、ゆっくりと回転してゆきます。コンサートホールでも劇場でもなく、音楽スタジオとも異なるアート・ギャラリーを舞台にして、ピアニストと鑑賞者は交差します。

「ピアニスト」向井山朋子展 | HERMES

具体的には、以下のように開始時間がずれていくんです。

つまり、真夜中にエルメスのギャラリーをオープンしてピアノの演奏が行われる日もあるということです。

14台のピアノ、ピアニスト、観客、時間が生み出す作品

銀座駅B7出口を出てすぐ。
通常のエルメス店舗の入り口ではなく、ガラスで作られた壁の建物と建物の間にあるエレベーターで、上へ上がります。

するとそこにあるのは、14台のピアノ。

こんなに明るい日もあれば。

こんな日もあります。
このメゾンエルメスフォーラムは、ガラスで覆われているんです。

思い思いの場所で、ピアニストを待ちます。

そして始まる演奏。

繰り返されるアルペジオ。
ピアニストの背景は日々変わる。

美しく贅沢すぎる時の流れ。
私たち鑑賞者も作品となる。

演奏の記録が展示されています。

隣のスペースにはこんなピアノが。
実はこれ…。

あなた自身がここで、確かめてください。

まとめ

とにかくこの企画に驚かされました。
この常識破りの企画をした向井山朋子さん、そしてそれを実現したエルメスも素晴らしい。

私たちも、他人が決めたルール・自分の思い込みのルールを「うまく」壊し、新しいものを生み出していきたいものです。
ホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

展示名:「ピアニスト」向井山朋子展
場所:銀座メゾンエルメスフォーラム
アクセス:東京メトロ 銀座駅 B7出口
住所:東京都中央区銀座5‐4‐1 8階
会期:2019年2月5日(火)~2月28日(木)
開演時間:上記公式サイト参照
休館日:会期中無休
入場料:無料

ここから学べる発想のヒント

ホラノコウスケ
「いつもどおり」から時間をズラしてみるとしたら何を?

その他、東京のおすすめアート情報

デザインの本質を読み解く!?大原大次郎 + 田中義久「大原の身体 田中の生態 」展(新橋、〜2/14)

2019.02.13

ミニチュアが訴えかける世界。トーマス・ドイル 「HOLD YOUR FIRE」展(渋谷、〜2/13)

2019.02.13

演技も個性的だが、絵も独特:「TADANOBU ASANO 3634 浅野忠信展」 (外苑前、〜2019/3/31)

2019.02.11

コウスケの日常

ホラノコウスケ
東京出張中、アート巡りしたら、2冊も図録を買ってしまった。
帰りの荷物が重くて大変だったが、インスピレーションをくれそうな図録はほうっておけない。


頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら