デザインの本質を読み解く!?大原大次郎 + 田中義久「大原の身体 田中の生態 」展(新橋、〜2/14)





身近な人を分析したことがありますか?

2018年だけで326展のアートを巡ったライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

新橋のクリエイションギャラリーG8にて、大原大次郎 + 田中義久 「大原の身体 田中の生態 」が開催されています(〜2019/2/14)。
こんなユニークな企画なんです。

大原大次郎 + 田中義久「大原の身体 田中の生態 」

描き文字をはじめとするタイポグラフィを基軸とした表現で、音楽関連のデザインワークや広告といったクライアントワークに従事する一方、モビールによるタイポグラフィのプロジェクトや、自然との対話のなかで文字の原型を探るアートワークなど、独自のスタンスで、言葉と文字の知覚を探るプロジェクトに取り組む大原大次郎。

国内外アーティストの作品集デザインをはじめ、美術館やコマーシャルギャラリーのVI計画、芸術祭や展示会のアートディレクションを手掛け、アーティストデュオ「Nerhol」としても活動。出版社やギャラリースペースなど、自らがそのプロジェクトの構想、企画、運営に携わる田中義久。

(中略)そのふたりが今回の展覧会で、それぞれのなかにあるデザインの本質を、互いに読み解いてみようという試みを行います。

大原の身体 田中の生態

新橋駅より徒歩3分。
クリエイションギャラリーG8を入ると、中はこんなふうでした。

デザインの本質を読み解く?

他者について、褒めるでも貶すでもなく。

アートとして表現するというのがユニークな試み。

私の周りの皆さんが私をアートで表現してくれたら、どうなるだろう…?

まとめ

正直、私はお二方にあまり詳しくなく、互いを表現しているのも細かいことは「理解」はできませんでした。
それでも、面白い!とか、オシャレ!とか感じることはできます。

理解できないものに出会えるアートギャラリーが好きな、ホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

展示名:大原の身体 田中の生態
場所:クリエイションギャラリーG8
アクセス:JR・東京メトロ新橋駅5番出口より徒歩3分
住所:東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F
会期:2019.01.11 金 – 02.14 木
開演時間:11:00a.m.-7:00p.m.
休館日:日曜・祝日
入場料:無料

ここから学ぶ、発想のヒント

ホラノコウスケ
身近な人を、アートで表現するとしたら?

その他、東京のおすすめアート情報

ミニチュアが訴えかける世界。トーマス・ドイル 「HOLD YOUR FIRE」展(渋谷、〜2/13)

2019.02.13

演技も個性的だが、絵も独特:「TADANOBU ASANO 3634 浅野忠信展」 (外苑前、〜2019/3/31)

2019.02.11

ギャラリーが無料カフェに!?「それを超えて美に参与する 福原信三の美学」展1st (東京銀座、〜2018/12/26)

2018.12.25

コウスケの日常

ホラノコウスケ
ヒレ肉300g食べた後に、ラーメンを食べに行けそうな自分が怖い。


頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら