「太陽の塔」展@大阪あべのハルカス美術館(〜2018/11/4)の見どころ、混雑状況、かかる時間は?

太陽の塔展(岡本太郎)大阪あべのハルカス美術館




とにかく圧倒された!

アート大好きライター・講師、ホラノコウスケ(@kosuke_art)です。

あべのハルカス美術館にて「太陽の塔」展を開催中(〜2018/11/4)。
1970年の万博のシンボルとして建設された、太陽の塔。
当時を知らない私ですが、それを体感できる貴重な内容です。

「太陽の塔」展@あべのハルカス美術館(大阪)

太陽の塔展(岡本太郎)大阪あべのハルカス美術館

入り口のこのポスターからいきなり、こちらのテンションを上げてくれます。

太陽の塔展(岡本太郎)大阪あべのハルカス美術館

入るとまずはこの顔がお出迎えしてくれます。

太陽の塔展(岡本太郎)大阪あべのハルカス美術館

この仮面は、万博当時に世界中の仮面が展示された中に混ぜられていた、岡本太郎作の仮面。

太陽の塔展(岡本太郎)大阪あべのハルカス美術館

実際はこんな様子だったとのこと。

太陽の塔展(岡本太郎)大阪あべのハルカス美術館

こんなオシャレなインスタレーションもあったとのことで、驚きです。
これはミニチュアで再現されたもの。

太陽の塔展(岡本太郎)大阪あべのハルカス美術館

こちらも独特の雰囲気を醸し出す空間演出ですね。

太陽の塔展(岡本太郎)大阪あべのハルカス美術館

そしてこちらは、太陽の塔の様子をあらわすミニチュア。

太陽の塔展(岡本太郎)大阪あべのハルカス美術館

内部が分かるものもありました。

思わずグッズがほしくなります。

太陽の塔展(岡本太郎)大阪あべのハルカス美術館

こんなユニークな作品もあります。

絵画作品なども展示

太陽の塔展(岡本太郎)大阪あべのハルカス美術館

太陽の塔や万博に関するもの意外にも、絵画など展示されています。

太陽の塔展(岡本太郎)大阪あべのハルカス美術館

こちらは人生最期に描いたものなのだとか。
死ぬ間際に、こんなファンキーなものを描いていたとは。
署名はなく、未完なのだそうです。

太陽の塔展(岡本太郎)大阪あべのハルカス美術館

シンプル、そしてインパクトのある作品。
1967年4月3日、米「ワシントンポスト」紙に、紙面をまるごと1ページ使った反戦の意見広告として出されたもの。
発起人は、永六輔、岡本太郎、淡谷のり子、松本清張など13名。「ベトナムに平和を!市民連合」が広告主となり、「殺すな」の書字は岡本太郎が書いたといいます。

太陽の塔展(岡本太郎)大阪あべのハルカス美術館

おぉっと、岡本太郎さんが覗いていました。ビックリ。

太陽の塔展(岡本太郎)大阪あべのハルカス美術館

男女を表すこの彫刻がスペースの真ん中にあると、何だかこっちが恥ずかしくなっちゃいます。

混雑状況は?かかる時間は?

火曜日の15時、チケットを買うのも入場もサクッと済みました。
中も、大した混雑はありません。

ゆっくり展示を楽しみ、グッズなどもチェックしてから出たのが16:20。
合計でだいたい1時間20分の滞在でした。

早い人は30分〜1時間で済むと思います。

当日の混み具合などは、みんなのツイッターをチェックするのも良いでしょう。

【まとめ】会期、時間、入場料など詳細は?

写真撮影OKなのが、この展示の良いところ。
あちこちで撮りまくりました。

岡本太郎さんの精神を時々思い出したい。
そう思い、太陽の塔などが入っているガチャガチャをやろうか迷いましたが、数分まよって結局やめたホラノコウスケ(@kosuke_art)でした。

展示名:太陽の塔展
場所:あべのハルカス美術館
住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16F
会期:2018年9月15日(土)~ 11月4日(日)
開演時間:火~金 / 10:00~20:00、月土日祝 / 10:00~18:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:なし
入場料:一般1,200円、大学・高校生800円、中学・小学生500円

ここから学べる発想のヒント

ホラノコウスケ
あなたがもし、自分の何か昔のものに再び光を当てるとしたら?

その他、関西のおすすめアート情報

六甲ミーツ・アート2018のオススメ作品ベスト5!混雑状況、かかる時間は?(兵庫県神戸)

2018.10.22

コウスケの日常

ホラノコウスケ
そろそろ、来年の計画を立て始める?

太陽の塔展(岡本太郎)大阪あべのハルカス美術館

頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら