音を視覚表現するには?『グラフィックとミュージック』展@京都dddギャラリー(~2017/3/18)

あなたの好きな曲は何ですか?
それを、イラストなどのグラフィックで表現すると、どうなるでしょう?

京都dddギャラリーで2017/3/18まで、『グラフィックとミュージック』展が開催されています。

音の魅力を、視覚として表現する。

それに成功した数々のポスターなどが展示されています。
中には、とても懐かしいものもありました。

京都dddギャラリーとは

太秦天神川駅から歩いてすぐでした。

入り口はこんな感じ。
「写真撮影やSNS投稿OK」と看板もあります。入場無料です。

鮮やかなポスターが並ぶオシャレ空間

平日は貸切状態でした。

中に入ると、音楽関係のデザイン性の高いポスターなどが展示されています。

いくつかに分けて展示されています。
「ポピュラー・ミュージック」のところには、なんとあの…

SMAPのポスターもありました。
2002年のアルバム「SMAP 015/Drink! Smap!」ですね。
ユニクロや楽天のロゴ、Tポイントカードなどのデザインも手がけたクリエイティブ・ディレクター佐藤可士和さんの作品

見たことありそうなものも。

これなんて、たまりませんね。

タワレコ、パルコ、ウォークマンなど、音楽に触れるキッカケとなるポスターたち。

ジャズも興味深い。

何が書かれているか分からず、ポスターの役割をはたしているのか分かりませんが、アートとして素晴らしい。

シンプルでオシャレ。

まとめ

他にも「キレイ!」というものから「なるほど〜」と感じるものまで、色々あります。

音楽もアートも好き、という方にはたまらない展示です。
あるいはそうでない方こそ、「グラフィックとミュージック」についていつもと違う見方ができて、面白いかもしれません。

私は音楽CD屋に勤めていたことがあるのですが、こうして展示を見てあらためて「CDジャケットやポスターって、こんなにアートだったんだ」と。
懐かしいCDジャケットとか、あらためて「アート」という視点で見てみると面白いかも。

私は20分ほど、ゆっくり鑑賞しました。
無料なので、気軽に行ってみてはいかがでしょうか。

展示名:グラフィックとミュージック
場所:京都dddギャラリー
住所:京都府京都市右京区太秦上刑部町10
会期:2017年01月20日(金)~2017年03月18日(土)
開演時間:11:00-19:00(土曜は18:00まで)
休館日:日曜・祝日
入場料:無料
コウスケ
京都でもう一箇所、ギャラリーに行きました。それはまた後日、書きますね。
コウスケ(@kosstyle)でした。

ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら