見て食べる体験型デジタルアート『食神さまの不思議なレストラン』@東京・茅場町が面白い!

食神さまの不思議なレストラン

東京・茅場町にて、『食神(たべがみ)さまの不思議なレストラン展』が開催されています。

「食べる」以外の方法でも「食」を体験できる、不思議な空間です。

路地裏に、不思議なレストランあり

茅場町駅の6番出口を出て少し歩くと、意外な場所に「レストラン」の文字が。
怪しい、怪しすぎる。

食神さまの不思議なレストラン

おそるおそる中へ入り、

「何なのかワケが分からないのに入場料2,000円は高いような…」

と思いながらチケットを購入。
そんな私の不安は、良い方に裏切られるのですが。

暗い空間から部屋へ入るとそこには、美しすぎるデジタルアートの世界が。

食神さまの不思議なレストラン

広い空間に、日本の四季を表現しています。まるでアニメ?おとぎ話?の世界へ入り込んだようです。

スクリーンに手をかざすと反応します。隠れているキツネを見つけよう!

食神さまの不思議なレストラン

他にも、「発酵」「道具」「酒」「出汁」という和食に欠かせない要素を表現している空間があったり。

食神さまの不思議なレストラン

意外と面白かったのが、「米との対話」。
ここでは「食べ物で遊ぶな!」と怒られません。
お米って、「食べる」だけでなく「触る」ことでも癒やされるのね。

食神さまの不思議なレストラン

他にも様々なインスタレーションが展開されていますが、ぜひ実際に足を運んで体験してください。

「レストラン」だもん、やっぱり食べたい

食についてデジタルアートを体験したあとは、実際に食べましょう。お腹すいた。

チケット購入者全員がもらえる「神様のおいなりさん」だけでなく、こだわりのメニューがズラリ。
日本酒も数種類あるから、飲み比べもできますね。

食神さまの不思議なレストラン

稲庭うどん(1,000円)。
うどんはツルっと舌と喉を通りぬけ、出汁はスーッと身体に染み渡ります。

食神さまの不思議なレストラン

筑前煮(500円)。
加賀れんこん、しいたけ、にんじん、こんにゃく、たけのこ、鶏肉。
目をつむって素材の味を集中して「感じ」たくなる。

食神さまの不思議なレストラン

3種の味噌汁(500円)。
白味噌×昆布出汁、田舎味噌×イリコ出汁、赤味噌×鰹だし。
飲み比べるのが面白い。

食神さまの不思議なレストラン

親子出汁巻(600円)。親子とはつまりそういうことです。贅沢。

食神さまの不思議なレストラン

実は器が紙だったりします。軽くて丈夫、そしてオシャレ。
これらは販売もされていましたよ。

食神さまの不思議なレストラン

まとめ

和食を考える、面白い機会になりました。
平日の夜なら、比較的空いているようですよ。

私は木曜に行き、

  • 18:50〜19:40(50分)かなりのんびり展示を体験
  • 〜20:30まで(50分)食事&お酒をゆっくり堪能

 

突然このレストランの前を通りかかっても、入る勇気がない方が多いかも。
この記事を読んでくださったあなたは、どうですか?

<見て食べる体験型デジタルアート>食神(たべがみ)さまの不思議なレストラン展|東京・日本橋茅場町 
場所:平和ビル(東西線 日比谷線「茅場町駅」6番口 徒歩1分)
住所:東京都中央区日本橋茅場町1−8−1 茅場町1丁目
会期:2017/1/28(土)〜2017/5/21(日)
開演時間:10:00〜21:00(平日)、〜23:00(金・土・祝前日)、〜19:00(日・祝日)
入場料(神様のおいなり付き):大人(高校生以上)¥2,000、子ども(3歳以上~中学生以下)¥1,000

ホラノコウスケ
混雑してたら残念。空いてたら、かなり楽しめましたよ。
コウスケ(@kosstyle)でした。
食神さまの不思議なレストラン

ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら