懐かしい?新鮮?「It’s a SONY展」であなたは何を感じるのか

東京・銀座のソニービルで現在、「It’s a SONY展」を開催中。

  • (Part-1)〜2017/2/12
  • (Part-2)2017/2/22〜2017/3/31

SONYの歴史を振り返りながら以下のような体験ができ、ちょっと寄るだけのつもりが想像以上に楽しめました

懐かしい家電がズラリ

ソニーの歴史を、製品で振り返る。
フロアを歩きながらそんなことをするうちに、気づくと自分自身を振り返っていました。


1976年生まれの私も見たことのない、古いテレビ。

 


Wラジカセ。
ラジオに流れる音楽をカセットテープに録音していたら、急にラジオに雑音が入りガッカリ…なんてことがよくありました。
友達に借りたカセットを空のカセットにダビングしたり。

「ダビング」って言葉を、もしかしたら若者は知らないのだろうか。

 


初めてミニコンポを部屋に置いたとき、ちょっと大人になった気がしました。

 


ウォークマン。
これがなければ、iPodやiPhoneもなかっただろうか。

 


SONYの製品で聞かれた、様々な音楽たち。

他にも様々な製品がズラリ。
あなたは何を感じるでしょうか。

世界を変えようという意気込みを感じる新製品たち

昔を懐かしむだけでなく、新製品もありました。
今までにないもの・新たな市場を生み出そうというSONYの意気込みは感じられます。

個人的に興味を持ったのは3つ。

1) ポータブル超短焦点プロジェクター『LSPX-P1』

コンパクトでありながら、スクリーン(壁)との距離がほとんどなくても映し出せる、非常に便利な製品。

たった100ルーメンしかないのですが、近いからか思いのほか明るくクリアです。
家庭で映画など見るときには場所を取らず、とても良いですね。欲しい。
会場では意外な使い方をしていましたので、ぜひ体験してください。

呼びやすい名前をつけたほうが普及する気がします。

2) パーソナルアロマディフューザー『AROMASTIC』

スイッチ1つで、いつでもどこでも香りを楽しめる、ユニークな製品。
リラックスできて、とても良いです。

女性への贈り物に良さそう。

3) アプリとつなげて楽しむブロック形状の電子タグ『MESH』

小さなブロック形状の電子タグ(右のカラフルなタグ)。
それぞれ、動きセンサー/ボタン/明るさセンサーなどのさまざまな機能を持ち、

  • 人が通ったら電気をつける
  • ボタンを押したらメール送信
  • ドアが動いたら写真撮影

など、スマホアプリで簡単な設定をすることで、アイデアと組み合わせ次第で無限大の使い方がありそうです。

 

価格がこの半額くらいだと、もっと普及しそう。

 

ソニービルはもちろん、SONYの今後に期待

『SONY』という社名の由来は、「音」という意味の英語「SONIC」の語源であるラテン語の「SONUS」(ソヌス)と、「小さい」「坊や」という意味の「SONNY」(ソニー)なのだとか。

坊やは年老いてしまったけど、坊やの好奇心を持つ老人なら最強かもしれない。
魅力的なアイデアで、ふたたび世界を変えてほしいですね。

It’s a SONY展

  • (Part-1)〜2017/2/12
  • (Part-2)2017/2/22〜2017/3/31

場所:ソニービル(東京・銀座)
開催時間:11:00〜19:00

ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら