あなたのブログ記事で目的を達成するための3つの書き方 〜本『伝わる言葉に”文章力”はいらない』<勝手にブログ週間4>

伝わる言葉に”文章力”はいらない

キレイな文章より、人を動かす文章を書こう

P.16

本『伝わる言葉に“文章力”はいらない ベテランコピーライターの誰も教えてくれなかった文章術』にこうあります。

ブログも同様。オシャレでキレイな文章は必要ありません。
今日は本書から、あなたのブログ記事で目的を達成するための3つの書き方を紹介します。

1. 知ってもらうには?

大事なのは、一番知らせたいことから文章をはじめることです。
いったいどの「知ってほしいこと」から文章を書きはじめるかを考えてください。

P.43

もしあなたがブログを書くとき、本題に入る前にダラダラとムダな導入部分を入れているとしたら。そこがつまらなければ読者はすぐにページを閉じてしまう、ということを覚えておいたほうが良いでしょう。

あなたもブログの読み手のときに、そうしているように。

2. 関心を高めてもらうには?

あなたがブログで紹介する商品やサービス、場所、あるいはあなた自身に対する「関心を高めてもらう」には、どうすれば良いでしょうか?

興味や関心、あるいは好意を高める文章のポイントは、読み手にとって「自分に必要だ」、あるいは「おもしろそうだ」という気持ちをつくりあげることです。

P.45

× 工場が移転します。
○ 新鮮な素材を使うため、産地に工場を移転しました。

P.45

相手にとって商品そのものが重要なのではなく、商品が相手にとってどんな価値を与えられるかが重要

P.46

「私には関係ないな」と思われたら終わり。
ブログ記事はもちろん、まず記事タイトルで「自分の関係ある・必要だ」と思って貰う必要がありますね。

読者にどんなメリットがあるのか、読者とどう関係があるのか。
そこを意識して書くと、ずいぶん書き方が変わります。

3. 「行動を起こそう」と思ってもらうには?

「会議に出て欲しい」「参加してほしい」「購入してほしい」など、なんらかの行動を起こしてもらいたいと思って文章を書く場合は、「行動したいと思わせる」ことが目的となります。(中略)

それには、

  • 文章の内容に共感してもらう
  • 行動する絶好のタイミングだと思わせる
  • 行動するのはカンタンだと思わせる

などいくつかの方法があります。

P.50

ブログ記事でも

  • 紹介した商品を買ってほしい
  • シェアしてほしい
  • イベントに参加してほしい

など、「行動してほしい」というのが目的の場合もありますね。

このとき、

  • ぜひ買ってください!
  • お願いです!シェアしてください!
  • イベントに参加お願いします!

などと書くと、読んだほうはシラケます。

ド直球で「お願い」するよりも、相手のメリットを並べれば、自然と行動してくれるのではないでしょうか。

まとめ

この記事でも、一番知ってほしいことを一番最初に書きました。

文章は、ひたすら書き続けないとなかなかコツが掴めない部分もあります。
しかし、そこを何とか要領よくやりたいものですよね。

そこで本書では、「9マス」のマトリックスを埋めていくだけで、すぐに効果的な文章が生まれる、としています。

「もっと伝わるブログを書きたい」、そう思う方はぜひ一読を。

ブロガーに役立つ情報を毎日配信中

現在、<勝手にブログ週間>として、毎日ブロガーに役立つ情報を配信しています。

あなたは大丈夫!?読んでもらえないブログの5つの特徴<勝手にブログ週間3>

2017.06.04

本『100万回シェアされるコピー』に学ぶ、ブログに書くとシェアされやすい3つのこと<勝手にブログ週間2>

2017.06.02

ブロガーがもっと成長するために!価値ある批評記事を書く3つのコツ 〜本『はじめての批評』<勝手にブログ週間1>

2017.06.01

今日のひとこと

ホラノコウスケ
久々にアーモンド1kg買いました。
コウスケ(@kosstyle)でした。
伝わる言葉に”文章力”はいらない

ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら