あなたは大丈夫!?読んでもらえないブログの5つの特徴<勝手にブログ週間3>

ブログ

2005年からブログを書き続けている、ホラノコウスケ(@kosstyle)です。

たくさんの方に記事を読んでほしくて、ブログを頑張って書いている。
そういう方が多いと思います。

ところが。
頑張っても頑張っても、読んでもらえないブログってあるんです。

読んでもらえないブログの5つの特徴をまとめてみました。

1.身内しか分からないネタを書く

身内しかわからない個人名を説明ナシで出したり、他人からすると意味の分からない身内ノリなどを書くと、

自分には関係ない

と思われ、サクッと記事を閉じられてしまいます。

2.専門用語を頻繁に使う

あなたのブログ、こんな言葉を使っていませんか?

  • 業界の専門用語
  • 自分が学んだ世界の専門用語
  • 小難しいカタカナ言葉
  • 「賢い自分」を演出するための難しい言葉

あなたのブログのターゲット読者がそれを理解でき、それ以外の人は無視してOKなら良いでしょう。
もし、もっと多くの人に読んでほしいのなら、わかりやすい言葉に変えたほうが良いですね。

3.誰の役にも立たないことを書く

「どこどこへ行ったらこんな風でした。楽しかったです」という日記。
自分用の記録(体重など)。
ただそういうことを書いているだけだとしたら、読者を意識していないと言えます。

そのようなブログ記事は、読者にとって価値があるでしょうか?
ないとしたら、読んでもらえません。

しかし、どんな話も読者に役立つように「変換」できます

「○○というラーメン屋が美味しかったです」

ではなく、

「○○というラーメン屋、駅から徒歩3分でした。特にチャーシュー麺が美味しく、木曜日の11時に行けば空いています

などと書けば、読者に価値ある情報となるのです。

4.自分が使ってないもの・読んでない本を、それを明記せず紹介する

こんな本が出ました!
この便利グッズ、おすすめです!

そう書きながら、実はそれを読んでいない・使っていないってブロガーさん。
これが、見てると意外といるんです。
信用をなくすと思います。

私は「未読です」と明記したうえで、読んでいない本を紹介することはあります。

5.ムダに長い

文章というのは、とにかく書き出してみてから修正・削除するものです。
なくても意味が通じるような部分は、とことん削除しましょう。

ダラダラとムダに長いブログ記事は、途中で閉じられてしまいます。

まとめ

ブログについてよく聞かれたり、また気になることがあるのでまとめてみました。

私は2005年からブログを書き続けているとはいえ、このブログは新ブログ。
まだ2月から本格的に書き始めたばかり。

私はブログを書き続けていることで人生が変わりました。
この新ブログも、特に6月を強化月間として、どんどん書いていきます。

feedlyに登録したり、Facebookページに「いいね!」すると、最新記事をお知らせします。
応援よろしくお願いします!

ブロガーに役立つ情報を毎日配信中

現在、<勝手にブログ週間>として、毎日ブロガーに役立つ情報を配信しています。
昨日の記事は以下です。

本『100万回シェアされるコピー』に学ぶ、ブログに書くとシェアされやすい3つのこと<勝手にブログ週間2>

2017.06.02

ブロガーがもっと成長するために!価値ある批評記事を書く3つのコツ 〜本『はじめての批評』<勝手にブログ週間1>

2017.06.01

余談ですが。

ホラノコウスケ
6/4はPOINTS OF YOU®エバンジェリスト養成講座を開催。毎回、進化させています。今回も楽しみ。
6/11は東京、6/17は大阪開催です。
コウスケ(@kosstyle)でした。
ブログ

ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら