アート鑑賞後に!ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ@国立新美術館で大人な時間を

国立新美術館でアート鑑賞を楽しんだ後は、このお店がオススメ。

ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼの紹介です。
料理も良いですが、面白いのはこの○○です。

ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼとは

フランスの都市リヨンで愛されている、ポール・ボキューズのブラッスリーの日本における第一号店。
この外観、とても面白いですね。
逆円錐の上に店があります。

上に見えるのが3階、ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼです。

入り口。良いお値段するのに、平日の昼でも6〜7組が並んでいました。

夜だけでなく、ランチメニューもちょっと贅沢

ランチは2つのコースがありました。

  • ブラン・コース(¥2,200、リエット + 魚料理 または 肉料理 + デザート + お飲物)
  • ルージュ・コース(¥3,800、リエット + 前菜 + 魚料理 または 肉料理 + デザート + お飲物)

 

ブランコース(¥2,200)を選択し、待っていると…。

バゲットとリエットが登場。

 

ブランコースのメインは以下から選択。

  • 鹿児島県鹿屋産銀鯛のプランチャー焼き
    風味のブールブランソース
  • 軽く燻した富士鱒のソテー
    オレンジ風味のソース・ヴァンブラン(+¥300)
  • 鶏腿肉の赤ワイン煮込み
    グリーンピースとベーコンのペンネと共に
  • 牛ハラミ肉のグリエ ソース・マルシャンドヴァン
    じゃがいものクリック添え(+¥500)

 

牛ハラミ肉のグリエ(+¥500)は、ランチで食べるには贅沢な味。
思わず目を閉じて、柔らかいその肉に集中しました。

ブランコースのデザートは以下から選択。

  • “ムッシュ ポール ボキューズ”のクレーム・ブリュレ
  • 苺とホワイトチョコレートのムース
    フランボワーズのクーリー
  • ラム酒風味のババ ヴァニラ風味のアイスクリームと共に (+¥300)

 

私が選んだクレーム・ブリュレはこちら。
奇をてらったものではなく、シンプルなクレーム・ブリュレです。

まとめ

アート鑑賞の後は、ゆっくりその余韻に浸りたい。
そんなときに、贅沢な時間を過ごすのに良いお店です。

ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ
住所:東京都港区六本木7-22-2 国立新美術館3F(東京メトロ千代田線乃木坂駅直通6番出口)
営業時間:
ランチ11:00~16:00(L.O.)、
ディナー16:00~21:00(L.O.19:30)、金曜のみ16:00 ~ 22:00(20:30)
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日に振替)

編集後記

ホラノコウスケ
同世代の友人主催のスイーツ会に行ったら、なぜか10代女子が3人いました。流行を作る女子たちの傾向をつかもうと「10代女子の最近の困り事は何?」と聞いてみたら。答えは「歩くの疲れる」でした。


頭の使い方を身につけ、人生の幅を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら