2020年も「アーティストのように生きる」。よろしくお願いいたします





今年もよろしくお願いいたします!

講師・ライターのホラノコウスケ(@kosstyle)です。

私の今年のテーマは、これです。
昨年と同じようで、こんなに違います。

「アーティストのように生きる」

トップ画像はコラージュ。
せっせと雑誌を切り貼りしました。「め」が一番見つからないのね。

さて2020年は昨年に引き続き「アーティストのように生きる」がテーマ。
でもその中身を変えます。

2019年は、アーティストのように

  1. 手を動かす
  2. 他者の影響を柔軟に受ける
  3. 自分らしさを追求

でした。

しかし2020年は…、以下の3つです。

1. 他者ニーズではなく、自分が伝えたいことを重視

松井紫朗のセンス・オブ・ワンダー姫路市立美術館

アーティストの多くは、

売れるものを作ろう

とは考えないですよね。

これを表現したい!
この想いを世界に伝えたい!

という、内から湧き上がるモチベーションだと思うんです。

私も「ニーズがあるか?」ではなく、「自分が何を表現したいか」を大事にします。

Apple創業者スティーブ・ジョブズは、アーティストのような人です。
彼はこう言いました。

多くの場合、人は形にして見せてもらうまで、自分が欲しい物が何か分からないものだ。

2. 言葉で伝えられないことを伝え続ける

POINTS OF YOU×能「存在の証明」byヤーロン・ゴーラン

心から心に伝る花

2018年末に開催したワークショップ「能×Points of You®︎ by Yaron Golan」の企画にあたり、能を勉強する中で出会った世阿弥の言葉です。

言葉では、誰でも偉そうなことを言える。
また、テキスト通りにやるなんてことは誰でもできます。

私は、見せて伝えるとか、自らの存在で伝えるとか、テキストにない(ならない)自分が積んできた経験や工夫を表現していきたい。
そう思います。

3. 世界をインスパイアする

愛知県の田舎?に住む私ですが、幸い世界中にPoints of You®︎の仲間がいます。
どうせなら世界の仲間に影響を与えていたい。

私のアイデアをキッカケとして何かが生まれることは、私の喜びです。
小さくても、私の名前は残らなくても、私がこの世に生きた意味を残したい。
そんな気持ちです。

いや、単に人を刺激することにワクワクするだけかも?

まとめ

さて、ワクワクすること・させること、いっぱいしていくぞー。

ホラノコウスケ(@kosstyle)でした。

その他、おすすめ情報

アーティストのように生きる。2019年もよろしくお願いいたします

2019.01.07

2018年、「初めて」を始めよう

2018.01.01

コウスケの日常

ホラノコウスケ
正月から既にいくつもアートを見て、幸せ。

頭の使い方を身につけ、人生の選択肢・可能性を広げてみませんか?

マインドマップ®、POINTS OF YOU®の頭の使い方を身につけると、あなたの可能性がグッと広がり、もっと心豊かに生きられます。楽しいワークショップをまずは体験してみませんか?


ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら