イメージが一変、リゾート地だったテルアビブ【イスラエル旅(3)】

イスラエル=テロ、というイメージを持っていませんか?

私はそうでした。現地へ行くまでは。

イスラエルはとにかく危険な国で、頻繁にテロがおこり、街はボロボロ、人々の心もすさんでいる…。
そんな勝手なイメージが、実際に行ってみるとガラリと変わったんです。

イスラエル旅行記(1)(2)に続く第3弾です。

テルアビブで、目の前がビーチのオシャレなホテルに宿泊

イスラエルのテルアビブのバナナビーチにある、ホテルに到着。
フロントからして、とてもオシャレ。
後ろの映像が動いています。

ロビーから外を眺めると…、

そこはビーチ。

アップグレードしてくれた部屋は、オシャレでとても広い空間。

こちらは寝室。一人で寝るのはもったいない。

とてもリラックスできました。住みたい。

イメージが一変、まるでリゾート地だったテルアビブ

テルアビブの街を歩くと、イスラエルのイメージが大きく変わりました。

独特なデザインの建物が多く並んでいます。

観光客用?の馬車もいました。

そしてビーチへ。水が澄んでいてとてもキレイ。

ジョギングする方、遊具で遊ぶ子供、ビーチバレーをする方、ドローンを飛ばす方など、ビーチで楽しむ方がたくさんいました。

ビーチ沿いのお店でランチ。とてもにぎわっていました。

テルアビブではレンタルサイクルが人気のようです。
観光地ならでは。
電気自転車もよく見かけました。

マーケットでの買い物も楽しい

観光地へ行ったら、買い物も楽しみたいところ。
マーケットへ行ってみました。

アートのお店がいくつもありました。

イスラエルで人気?のコスメ店。
あの有名な「死海」の商品を扱っています。

テルアビブ初日に口にしたものは…?

こちらはビーチのお店で昼に食べた、イスラエルの羊ケバブ。
肉を薄く切ったものではなく、ハンバークのよう。
塩気がしっかりきいており、肉!というしっかりとした食感で、とても美味しい。

オシャレな飲み屋で休憩。

晩御飯を食べに行く途中には、「お」と書かれたスシバーを通りかかりました。
イスラエルでも日本食が人気?

別の店に入り、頼んだものがこちら。
ジャガイモとサツマイモと半熟卵。
肉が入っていることを期待したのに、いも、イモ、芋…。美味しいですけどね。

ちなみに、Google翻訳アプリで、ヘブライ語の変換もできました!
こりゃ便利。

まとめ

ビーチの散歩、買い物、食事、宿泊と、テルアビブでの滞在はとても充実していました。
まさにリゾート地です。

本当は

へ行きたかったのですが、いけなくて残念。

テロや強盗など、怖いイメージはすっかりなくなりました。
ところが、この後に別の場所で怖い思いをするのでした…。

続きはまた。

今日のひとこと

ホラノコウスケ
お花見シーズンですね。きれいな写真撮りたいな。
コウスケ(@kosstyle)でした。

ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら