もっと前へ進みたい!と集まった仲間に私が伝えたかった3つのこと

POINTS OF YOU名古屋

GoogleやIKEAも採用の美しいフォトカードで「頭の使い方」を伝えるPOINTS OF YOU®認定マスタートレーナー、ホラノコウスケ(@kosstyle)です。

先日「あなたのPOINTS OF YOU®を2歩進める勉強会2017@名古屋」を、仲間と開催。
30人以上のPOINTS OF YOU®有資格者が集まり、ワークショップなど楽しみました。

その中で、事例発表者3名のうちの1人として私も、前へ1歩2歩と進みたい方に向けて3つのことを話しました
これはPOINTS OF YOU®有資格者向けに話したことですが、他の世界でも同様と思います。

1. 「おまえが言うな」案件

POINTS OF YOU名古屋

結論から言うと、

本人がしていないことを勧められても、私は信用できない

という話。
たとえばダイエットを教える先生の腹が出ていたら…、「おまえが言うな!」ですよね。

あるいは講師が「私は何ヶ月もマインドマップ®をかいてないけど、でもマインドマップ®を教えます!」って言ってたら…、「おまえが言うな!」と思うはず。

逆にいうと私はいつも「自分はそれを語る権利があるか?」と意識しますし、伝えています。
権利というのは、認定資格ではありません。思考・行動・実績レベルの話です。

私はほとんど毎日、POINTS OF YOU®のカードを持ち歩いています。
プロだからです。

いつも意識しているのは、伝える自分が一番の実践者であること。
毎日POINTS OF YOU®のカードに触れていますし、その様子をSNSに投稿しています。

「投稿」が大事なのではなく、私自身がPOINTS OF YOU®によって思考・行動が大きく変わったのがポイントです。

だから私は、POINTS OF YOU®を語る権利がある。
自信を持ってそう言えます。

「おまえが言うな」と言われないために。
できることは、色々とあると思います。

「私はこれを語る権利があります」というアピールも必要でしょう。
「自信ないけど医者なんですぅ〜…」という医者から受診したくないですし、「全然練習してないですが、初めて髪の毛切らせていただきます」という美容師にお金払いたくないです。

2. 「パターンを壊せ」案件

POINTS OF YOU名古屋

POINTS OF YOU®には重要なコンセプトは、「他人の視点を大事にする」です。
また、目的の1つに「パターン(習慣)を壊す」があります。

私の場合、これらを意識することで、なんとイスラエルへ行きました
日本を25年も出ていなかったのに、です。

なぜ私はイスラエルにいるのか。【イスラエル旅(1)】

2017.03.19

「2017年3月に、イスラエルでPOINTS OF YOU®の世界中の認定者が集まるイベントがある」と聞いたとき、正直「行くわけない」と思いました。
テロのイメージがあったし、そもそも海外に行くこと自体、危険とか面倒とかお金かかるしというイメージがありました。

ところが。
日本人のPOINTS OF YOU®仲間数人がそこへ行くと言い出したのです。

これには驚きました。しかも女性4人です。
家庭があったり、会社員だったりする方々が、イスラエルへ行く決断をした。
なのに、その気になればサクっと行ける独身・個人事業主の私が、なぜ行かないのか…?

普段、POINTS OF YOU®のワークショップで、

「自分と違う他人の視点を大切に」
「パターンを壊しましょう」

と言っているのに、自分はそれができているだろうか…?

そう考えたとき、イスラエル行きを決断しました。
言葉ではなく、行動で示したい。後悔したくない。
そういう想いがありました。

POINTS OF YOU®をはじめてから、頑固な私も他人の意見にノってみることを意識しています。
自分で自分のパターンに気づき、それを壊すのはなかなか難しい。
それなら、自分とは違う他人の意見にノっかってみるのが早いのです。

すると、自分の世界がグッと広がります。

3. 「いいからやれよ」案件

POINTS OF YOU名古屋

どんな世界でもよくある話です。
POINTS OF YOU®の仲間から、こんな声が聞こえてくることがあります。

「経験がまだ浅いから…」
「自分はコーチじゃないから…」
「たった1日習っただけだから…」
「POINTS OF YOU®は自由すぎて、何からやれば良いか…」
「人が集められないから…」

いいから、やれよ!と。

私は自分がPOINTS OF YOU®トレーナーになる際、養成講座3日間の初日の夜にいきなり友だちを呼び出して、1対1セッションしました。
とにかく試してみたかったし、やってみて分かることが多かったのです。

野球を始めたばかりの少年が、初めて試合に出て、初打席でホームランを打てるでしょうか?
初めからうまくいかなくても、当たり前です。恐れる必要はありません。

とはいえ、POINTS OF YOU®はよくできています。
カンタンにコーチング的な効果が得られるようにと作られたのですから、素人でもプロセスを信じてやってみれば、それなりの効果が出るのです。

以前、私のPOINTS OF YOU®セッションのクライアントだった女性が、コーチングゲーム(POINTS OF YOU®のカード)を購入してくれました。
彼女は養成講座を受けていないし、コーチングを学んでもいません。
しかし、見よう見まねでお友達に1対1セッションをしたところ、大好評!
POINTS OF YOU®を使うと、素人でもお友だちに良い影響を与えられたのです。

やってみて、考える。
これが大事ですよね。

やってもいない・考えてもいない人から「これわかりません」「これどうやれば?」などと質問されたら、私はこう答えます。

「やってみましたか?」
「あなたはどう思いますか?」

まとめ

「おまえが言うな」と言われないために、何をしますか?
「パターンを壊す」必要のあることは、何ですか?
「いいからやれよ」とツッコまれそうなことは、何ですか?

これらを意識し、行動したら、グイッと前へ進めるのではないでしょうか。

余談ですが、プレゼンの冒頭で、

「私のこと、怖そうと思う人?」
「私のこと、お金好きそうと思う人?」

と質問し、手を上げてもらいました。
ツカミのネタでもありましたが、

「あなたは自分が他人からどう見られてるか、考えてる?」
「周りの人から、POINTS OF YOU®をやっている人だとして認知されてる?」

というメッセージ、つまり1.「おまえが言うな」案件への入り口でした。
分かりにくいか。

ちなみにお金はほしいですが、「お金をもらえなくてもやるだろうな」という楽しい仕事ばかりしています。

そんな私のPOINTS OF YOU®ワークショップはこちらです。

今日のひとこと

ホラノコウスケ
相談してもないのに、よく年上の方々がアドヴァイスをくれる。これは一体…。
コウスケ(@kosstyle)でした。
POINTS OF YOU名古屋

ABOUTこの記事をかいた人

講師、フリーライター。愛知県在住。 トニー・ブザン公認マインドマップ®・インストラクター、Points of You®認定トレーナーとして、「頭の使い方」を楽しく体験できるワークショップを開催。名古屋を中心に、全国で大好評。 またフリーライターとして、タウンワークマガジンなどのサイトに執筆。 詳細プロフィールはこちら